山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆に北岳バットレス

Category : 山行記録
8/13~14で北岳に行ってきました。
13日は午後から雨の可能性が高いので入山のみとなり
芦安7:40のバスに乗り広河原は9時頃から歩き出す。
リーダーの足取りが重そう!!
先月の重荷がつらかったので今回私はかなり軽量化で12kg位。
リーダーはこれに3~4kg位は荷が詰まっていた。(ガチャかな)
ともあれ広河原にはお昼前にはついてツェルト設営。
どうにか寝られそうだが雨降ったらどうだろうか・・。
偵察に行く予定がお昼寝することとなるが、これが暑くてすぐに
起きてしまった。
明日のルートについて相談となる。本来はピラミッドフェース~4尾根
だったが時間がかかりそうなのでbガリー大滝~4尾根に変更となる。
早々と19時位には寝るのだがこれがまた眠れない。
この時期でもツェルト+銀マット+シュラフカバーは寒い。そして痛い。
隣から寝息が聞こえてくる。これで寝られるなんて~すごい。結局私は23時過ぎまで眠れなかった。
このテン場周辺はバットレス組がほとんどで朝からばたばたしている。ツェルト撤収して4時半頃には出発しただろうか。
二俣を過ぎて2つ目の沢がバットレス沢だが1つ目の沢が小さな沢であって二俣からあまり歩いてきていないがリーダの元この沢に入っていく。
後続パーティも前のパーティもこの沢に入ってきていないのに少し不安を感じながらもしばらく歩いていると雪渓が見えてくる。ここを越えようとし右岸から左岸に行ったりするが厳しいのであきらめて懸垂で降りてくる。
またしてもアプローチ敗退かという思いにふけるが戻って本来のバットレス沢とC沢の間の尾根を登り取り付きに着く。やっとbガリーの大滝までこれた。案の定私達は最後のパーティが登っている所に行き最後尾となる。
下部岩壁登り始めは8時過ぎ?頃となる。
3P登ると緩傾斜帯となり明瞭なトラバース道をひたすら左に歩くはずだが途中で真っ直ぐ行くと2尾根に入ってしまうので要注意である。
Cガリーを横断してからも左に行くとリッジの登りとなり
本来4尾根の取り付きとなる。10時頃かな?
1P~3Pまで荒井さんがトップ。4Pは2人同時登攀。5Pで前のパーティに追い付く。この男女2人パーティの前の5人組が登りと懸垂に時間かかるようだ。実はこのお2人は都岳連の岩教室受講生だったようで荒井さんが声をかけられる。世間はせまい。
ここからは待ち時間があるので女組もリードする。5P菅野。マッチ箱
懸垂後、6~7P恭子さんで枯れ木テラス。8Pも2人同時登攀で終了。
ここから歩きで稜線に出るがここですでに14時。
最終バスは17時で途中二俣付近に荷物をデポしてるから急がないとたいへんな思いをしながら超ぎりぎり広河原に着く。
テン場では家族組におかしなパーティのボス呼ばわりされながらも
ぎりぎり行動で仕切ってくれた荒井さんと下山で苦労しながらも
笑顔を絶やさない恭子さんに今回付き合っていただいてとても
嬉しかったです。ありがとうございました。
IMG_0010_1_4_1.jpg

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。