山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の晴れ間の越後駒ケ岳

Category : 山行記録
駒の小屋から山頂

梅雨の晴れ間を求めて、越後三山は駒ケ岳へ行ってきました。
【メンバー】河合さん、下山
【日程】2006/6/17(土)-18(日)
【行程】
6/17 駒の湯→小倉山→駒の小屋→駒ケ岳頂上→駒の小屋(テント泊)
6/18 駒の小屋→小倉山→駒の湯
【詳細】
歩き出しは曇っていて、裏山のようにうっそうと草ぐさが茂った山の中は蒸し暑く、汗だくになって登ります。
栗の木の峠を越えると陽ものぞき、カエルと蝉の大合唱となり、展望が開けてくるに従い足も軽くなり、来るまではグダグダと「最近ずっと疲れ気味だし、雨なのに面倒くさいな…」なんて思ってたのに「やっぱり、来て良かった~~!」となんだか気分も高まります。小倉山からの雪稜?で一休みして昼寝すると、強力な照り返しで日焼けしてしまうほど。
昼前に小屋に到着し、のんびり昼を取ってまた3時過ぎから山頂へ…稜線の登山道も途中雪面となり、なかなか楽しく、若者4人組はグリセードの練習をして遊んでいました。
小屋の管理人さんも珍しいというくらいにくっきり日本海に浮かんでる佐渡の山並みを眺めながら、のんびりら夕食を取り(しかし、標高2000メートル前後ではアブなどの虫が多くてかまれまくり…うーん、痒くてたまらない…)就寝。
佐渡を眺めながら…
▲佐渡を眺めながら…
夜半から強い雨がテントをたたいていましたが、翌朝は雨足も弱まり、8時前から2時間半ほどで駒の湯まで下ります。「標高は低くても、高低差1500mはあるし結構疲れたねー」と言いながら、大湯温泉ユピオで汗を流して、渋滞もなく東京まで帰るのでした。
小倉山方面の雲海の朝
▲朝の小倉山の向こうに広がる雲海

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。