山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足尾松木沢 黒沢・ウメコバ沢(アイスと正面壁チコちゃんルート)

Category : 山行記録

20150110_01.jpg


【日程】2015年1月10~11日
【場所】足尾 松木沢 黒沢・ウメコバ沢
【メンバー】下山ほか1名

ナビで目的地に設定していた間藤駅に到着すると、イルミネーションが輝いていて楽しい雰囲気。
ゲート前の駐車場まで進んで夜は車中で仮眠。
芋焼酎のお湯割りがおいしくて盛り上がってしまう。

1日目[黒沢でアイスクライミング]

6時過ぎに二日酔い気味に目覚めると、3パーティーぐらい準備している。
のんびり準備して出発。
岩の続く渓谷はスケールの大きい日本離れした景色だが、銅山と公害の影響によるものだと思うと複雑な気分。

20150110_02.jpg
左手にジャンダルムを見ながら進む。

20150110_03.jpg
黒沢は、遠目にもはっきりとわかる大きな滝を登る人が見えてくる。

テントを設営して荷物を放り込んで、いざ出発。

20150110_04.jpg
河原を渡渉して沢に入ると、出だしからしっかり凍っているようで、テンションも上がる。

20150110_05.jpg
F3なのかな?大滝でロープをつける。

20150110_06.jpg
F4は、Tさんがリード。
平爪のアイゼンに、普通のピッケルと旧クォークのリイシューなしという装備で問題なく登ってしまう。

20150110_07.jpg
F5はを登って本日は終了。

夜はブランデーで仕込んだ梅酒がおいしくて盛り上がってしまう。

2日目[ウメコバ沢アイスと正面壁チコちゃんルート]
6時ごろ暗い中をウメコバ沢へと向かう。
薄暗く夜が明けてきたころに、フィックスロープの張ってある滝を2本ぐらいを巻いて、開けた河原を進む。

20150111_08.jpg
F3はしっかり凍っていて、もこもこと段差になっているので大きさの割に登りやすいが、慎重に登る。

20150111_09.jpg
F4は岩に囲まれて静かでロケーションがよい。
登り始めると、表面が固めで割れやすい氷、ザクッとしたシャーベット状、中で水が流れているのが見える透明の氷と途中でいろんな状態があり面白い。

今回のアイスの装備はスクリュー×8本、50mダブルロープ×2。
黒沢・ウメコバ沢ともに大きな滝はほぼ抜け口に支点があるので、全部のスクリューは使わずにすんだ。
ここまでの時間は・・・
6:00 出発 
6:20 ウメコバ沢出合
7:20 大滝1本目(F3)下
9:00 大滝2本目(F4)上

その後も正面壁を探しながら上流へ向かうが、「それらしい岩場はないね~」とどんどん進んでいるうちに、開けた場所に出てしまう。
岩を探しながら下降するが、結局朝いちフィックスロープがかかっていた滝を登ってすぐの開けた河原の右側で目立っていた岩に「JMCC 右岩稜」と黄色のペンキがうすく書いてあるのを見つける。
結局、トポと見比べてこれがチコさんルートだろうとアイスの装備はデポ。

「結構時間がたったし、はじめての岩場だからな~」と迷ったが、壁を目の前にしてアイスのときと比べて明らかにテンション上がってるTさんのリードでスタート。

Tさん登山靴で、私はTさんの平爪アイゼンをお借りすることに。

1ピッチ目
20150111_10.jpg
スラブから右側のクラック沿いに上がっていくが、スラブのトラバースを越えてからはTさん登山靴なのに早い…ほとんどクライミングシューズと変わらない。
右のかぶった部分をエイッと越えていくとリッジに出るのだが、フォローはロープが岩の割れ目から外れないので直上してしまうとアイゼンでは結構つらかった。

2ピッチ目
リッジ上を進んでいく。
ロープのしっかりした支点がある。

3ピッチ目
20150111_11.jpg
クラックの核心、途中で良いところにハーケンがある。
フォローだが、さすがに厳しくて手袋を外して登る…暖かくて良かった!
核心部分のフィンガーサイズのクラックは、アイゼンをのせる良いホールドが見つからずジャミングなんて無理!アックスを差し込んで抜ける…一本だけでも持ってきてよかった!

4ピッチ目
ここはあいまいだが、続けてTさん50mいっぱい登る。
ちょこっとクラックが出てきて、こちらのほうが結構つらかったような。

5ピッチ目
リッジ沿いに木が生えているようなところを進む。

6ピッチ目
20150111_12.jpg
フェースを登ってほぼ終了。

ここから緩くなった斜面を進む。
枯れ木からフィックスロープが出ているのを横目に、岩峰の頂上へ。
ほんとにここから降りれるの?という感じだが、先ほどのフィックスロープを頼りに50mぐらい?進むと、続いて50m下降用のフィックスロープと懸垂用の新しめの残置スリングがある。
そこを下ればあとは歩いて(途中の木で10mほど懸垂した)ガレにでる。
そこからは15分ほどで取り付きへ。

ちこちゃんルートの装備は、キャメロットC3小さめのサイズからC4の3番まで使用。
基本、ナチュプロと木や岩だが、たまにハーケンがあったりする。
時間は・・・
11:10 登攀開始
14:30 岩峰の頭
15:30 取り付き
16:00 幕営地到着
17:00 幕営地出発
18:20 駐車場

ウメコバ沢の向いにも立派な氷柱の滝が。
20150111_13.jpg

夏小屋沢と横向沢かな…ほかにもいくつか滝があった。
20150111_14.jpg

20150111_15.jpg

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。