山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つ峠でアイトレ

Category : 山行記録
お疲れ様です。
泰平さん、荒井さんが講師で出かけていると耳にしていた三つ峠に、冷やかしではなく応援?に(は全然なっていなかったけど…)アイゼントレーニングしてきました。
【参加者】富塚さん、下山
【場所】三つ峠

富士山をバックに開けた景色の中でいろいろなルートがあって楽しめると聞いていましたが、当日も朝から快晴で雪を被った富士山と河口湖を見ながら快適に楽しめました。
左フェイスから右フェイスまで歩いていくと、一般ルートの第1バンドで荒井さんの声が聞こえてきて、その先に行くと今度は泰平さんがこちらも第1バンドにいて、「もう登れません…」と地面から50センチぐらいでぶら下がっている生徒さんに声をかけています。「手を休めて、ここに足かけてここをつかんで」「でも、もう手がきかんのですわー」「最初は大変なんですよ…がんばってくださいね…」とアドバイスにならない言葉を残してわれわれはアイゼントレーニングへ。
1ピッチ目を登っていると、一般の登山道でもある道をたくさんのハイカーが歩いて、さかんに「いやー、こんなところを登るのー」と感心したり、写真を撮ったりしている。声をかけられると一丁前に(ふっふっふ、3級登ってるんだけど、きっと難易度わからないもんねー)クライマー気分で受け答えする。写真は無いけど当日の私の格好は黒の上下のモジモジ君のようなジャージ姿に黄色い軍手と黄色い冬用登山靴、白いヘルメットで、世間の人にばっちり誤解したクライマーのイメージをアピール。
▼右フェイスの一般ルート周辺(今回は写真になる場面も無く…)
右フェイスの一般ルート周辺

登ったルートは・・・
とりあえずトップロープで練習
[一般ルート右 Ⅲ+]
[一般ルート中央 Ⅳ+]
初めてのアイゼントレーニングは滑る手袋もあいまって怖いが、足を良く見いると長年のアイゼントレーニングで出来たであろうアイゼンの爪先形の穴がしっかりあって、アイゼンが決まると登りも楽になりだんだん面白くなってきます。
昼飯食べて上まで行こうと1時ごろから登り始め…
[一般ルート右 Ⅲ] 第1バンドをトラバースして行き過ぎたり戻ったりして…
[No 10.5クラック Ⅲ]下山リードで途中なぜかトラバースして→[十字クラックⅤ-]に迷い込んで、いつもの「うーん、まずい」富塚さん下から「大丈夫~無理なところまで登るな!」下山「今、頑張ってますから…」
第2バンドバンドからは、荒井さん懸垂で降りてくるなかを[No16クラック Ⅲ][No15クラック Ⅳ]でそれぞれ登ります。
その後はどんどん簡単になり第3バンドからの[No18クラック Ⅰ~Ⅱ]はさすがに何の問題も無く天狗の踊り場へ出ると、泰平さんが生徒さん達(さっきのぶら下がっていた人も無事に登られていて良かった良かった)と懸垂して降りるところにばったり。時間は3時でうーん、迷ったとはいえ2時間もかかっちゃったのか…
帰りはひどい渋滞で河口湖駅までタクシー料金は6千円を越えて貧乏人にはいたい出費でしたが、あとから帰った荒井さん達はあの渋滞で何時に帰れたのでしょう…(すいません、見捨てて帰ったわけじゃあないんです)駅からは夕飯を食べるまもなく電車に急いで飛び乗り、缶ビールとおつまみで乾杯して帰るのでした。

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。