山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに冬の富士山

Category : 山行記録

【 日 程 】01/12(土)~14(月)
【メンバー】金 (単独)
【 場 所 】富士山の吉田口ルート


下記の下手な日本語を許して下さい。

3年間狙ってた冬の富士山をつすに登って来ました。
最初は、 1月3日に行くつもりだったんですけど天気予報によると風力は 酷そうだったから止めました。今回、行く前に天気予報・風力予測・雪崩リスクを毎日確認して全部大丈夫そうだったから行きました。ちょっとゆっくりにしたいから3日間の計画を立てた。

01/12 (土)

天気:晴れ
10:10-12:10 新宿 > 富士山駅 (高速バス) > お昼
13:00-13:20 富士山駅 >馬返し (タックシー)
13:30-15:30 馬返し > 佐藤小屋 (テント泊まり)

馬返しまでの道路には雪はほとんど無い。
二合目から佐藤小屋まで凍結したところは段々多くなるけどその周りに柔らかい雪があるからアイゼンがいらない。

Fuji_01.JPG Fuji_01A.JPG
左:入山する時の馬返し / 右:三合目の周辺

強風が吹いているからテントをしっかり張る。
テント場で泊まるのは私だけですけど夜に小屋に戻ったら2つの大きいなグループが楽しく宴会してる。皆は六号目で雪上訓練の予定です。
食料を食べた後静かなテント場に戻る。そんなに寒くなくて寝袋に入ったらちょっと暑くなる。夜中風の音は凄いけどテントが全然動かないから安心。

01/13 (日)

天気:晴れ
08:00-13:30 佐藤小屋 > 頂上
13:35-16:40 頂上 > 佐藤小屋 (テント泊まり)

風はちょっと強いけど天気はカンペキ。
最初からヘルメット・アイゼン・ピッケルを準備して行く。
目的はスピードをちゃんとコントロールしながら13:30まで頂上に安全に着くように。
六合目と七合目の間デブリがあるからボロボロ。ここで降りて来る人3名と出会う。登る人は私以外単独男性(20〜30分先?)しかいない。七合目あたりで風がもっと強くなる。八合目に着く。あんまり疲れてないけどこれからきつくなると思ってお水とエネルギースナックを頂くために最初で最後の休憩をとる。

Fuji_03.JPG Fuji_02A.JPG
左右:七合目と八合目の間

九合目の鳥居を通り過ぎたらアイゼン爪がよく効かないくらい固い斜面が出て来る。アメリカンクニークそして「front point, middle and low dagger」の方法で最後の鳥居まで登る。ドキドキするけど正しい技術に200%集中して安定する。
頂上にちょうど13:30に着く。剣ヶ峰を本当に周回したいけど時間がないから写真を撮って5分後早速下り始まる。頂上直下の斜面を登りと同じ方法で下ってその後佐藤小屋まで快適なスピードで降りる。

Fuji_04.JPG Fuji_05.JPG
Fuji_06.JPG Fuji_06A.JPG
左上:八合目と九合目間の状態。先行者の足跡を少し見える。 / 右上:九合目の鳥居。雪は結構ピカピカで普通は「きれいね〜」と思うんですけど逆転にここで「ヤバイな〜」と思った。/ 左下:一つの夢をかなえた!見えないけど笑顔です。 / 右下:降りる途中富士山のかげと良い景色が見える 

小屋前に着いたら佐藤さんが出て「お帰りなさい!」と言う。特に女性一人ですから結構心配してたみたい。小屋で食料を食べる時に佐藤さんと奥様が色々なつまみとお茶をあげる。大変感謝してます。
小屋で一つの山岳会が宴会してる。この方も六号目で雪上訓練の予定。
今晩は昨日よりもっと暖かい。風は殆ど無い。

01/14 (月)

天気:大雪!
10:20-11:40 佐藤小屋 > 馬返し
11:45-15:10 馬返し> 富士浅間神社 (歩き)
15:25-15:50 富士浅間神社 > 富士山駅 (歩き)
東京の帰り (電車/新宿行きの高速バスは全て運休)

テントから出たら雪が膝まで積もっているし絶え間なく降ってる。昨日小屋で泊まった山岳会が訓練をキャンセルして佐藤夫婦と10:00頃下山始まる。自分は20分後出発する。荷物は重いけど先行者のトレースがあるし雪も軽いパウダーですから歩きやすい。やっはり新雪に覆われた森は美しいです。
馬返しに着いたらSUV2台が雪で立ち往生してる。でも1台は駐車場の入り口まで移動出来ている。乗者一人が車前にスコープで離陸滑走路を作って横に立つ。運転者がエンジンの回転数を上げて車が全速力で走って見えなくなる。いい道を作ってくれたから嬉しい。しかし乗者が取り残した。。。その人とちょっとしゃべって歩き始まる。

Fuji_07.JPG Fuji_07B.JPG
左:下山する時の馬返し / 右:白いSUVが作ってくれたトレース。可愛そうな取り残した乗者が前に歩いている。

最終的に富士浅間神社に着く。ここまで歩くのはちょっとめんどくさかったけど、雰囲気は素晴らしいですからやっはり良かったです。親切なグラウンド管理人と会話する。暖かそうな部屋中に巫女さん達が楽しくしゃべってる。正門の側で若い男性がまじめに雪だるまを作っている。終ったら彼女の手を握って2人とも朗らかに笑いながら入り口の方に滑って行く。この平和な場所で色々な本当の幸福のことを見えたから自分の心も幸せになる。

Fuji_09.JPG Fuji_08.JPG
左:北口本宮富士浅間神社 / 右:神社の入口までの通路。

神社を見て回って富士山駅まで歩いて食事を食べて電車で東京に帰る。

Comment

No title

キャロちゃん、
登頂おめでとうございます♪

No title

きゃろちゃんやったね!
お天気も味方してくれたね。おめでとう!!!

No title

おめでとうございます!
忙しそうだけど、また一緒に登りましょう!!

No title

Cool!!!
非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。