山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭岳東稜でモツ鍋!

Category : 山行記録

【日程】2012年2月25~26日
【場所】八ヶ岳 旭岳東稜
【メンバー】大塚さん、田村さん、下山

土曜は雪の中出合小屋まで向かい、龍鳳チームと宴会を楽しむ。
日曜は取り付きでルートミス、昨日の積雪もあってラッセルとなり、タイムアウトで早めに敗退。
また宿題が増えてしまった…。
2/25(土)
道の駅南きよさとは雨の中。
車中では、オーツカさん「行くの?止めようよ!」シモヤマ「小渕沢あたりで温泉ですか?」タムラさん「アウトレットモールで買い物でもしましょうよ!?」と会話しながら、美し森の駐車場まで向かう。
小同心に向かっているマタローさんに連絡すると、美濃戸口は雪とのこと。
1000mを越えたあたりでこちらも雪になり、美し森の駐車場ではどんどん積もっていてしばしどうしたもんか?と迷う。
本日の予定は出合小屋までなので急ぐこともないと、すぐ上のスキー場に向かう。
帰るのもなんだしスキーもありかな?と、しばしコーヒーでも飲んで考えようとレストランへ。
トイレに入ってゆっくり考え、このまま温泉行ってもつまらんし、スキーができるなら山も登れる…ということで「ハイハイ行きますよ!」と宣言すると、待っていた2人は「やっぱり!」と爆笑している。

雪のぱらつく中スタートして、林道で休憩していると2人組の登山者がやってくる。
このパターンはもしかして?と見ていると、やっぱり龍鳳のカワハラさんではありませんか!
今回は若手のキムラさんとのチームで、我々と同じく旭岳東稜とのこと。

小屋前にそれぞれ幕営して、マモテントで宴会開始。
カワハラさんのザックからは、ビール2L・ワイン1L・焼酎ペットボトル1本・もつ鍋×2袋・焼肉・さば味噌煮×3、その他諸々が飛び出して、我々の貧相な乾き物から一気に居酒屋に変貌を遂げて盛り上がる。
モツ煮の残り汁にサバ味噌をごった煮した新メニューがなかなかこってり味で酒がすすむ…ご馳走様でした!

7時ごろにはマモチームは就寝。
22時過ぎに誰か来て幕営している音が聞こえる。

2/26(日)
4時過ぎに起床。ほぼ予定通り5時半スタート。
昨夜冗談半分に、お互い「相手より前に出ちゃだめだ」と言い合っていたカワハラさんチームがもういない。

ヤバイ!と出発すると、4人組のチームが準備している。
挨拶して通り過ぎようとすると「シモヤマさん!」と声をかけられる。
越沢でご一緒したカモの会のヤマサキさんではありませんか!
今回は神奈川労山の方々とのチームとのこと。

挨拶もそこそこに先を急ぐがなぜか本谷沿いに踏み後がない・・・?
あれれ?と一旦戻り、他に踏み後ないよね?と確認したりすったもんだ悩んでいると、水場から沢を渡った先に踏み跡がのびている。
こっちから行けるのか?とたどっていくと、やがて稜線に向かって登り始める。
ここらでオーツカさんがキッパリと「年よりは無理しちゃいかん、テントキーパーしてますから行ってらっしゃい!」と宣言。

2人になって進むと、ツルネに登るとおっしゃっていた単独行の方を追い抜く。
ここで「あれ?なんか方向違わないか?」と気づいて、地形図見直したりしばし悩む。
しばしキジをうちながら考えて「降りよう!」と決定。
1時間半ほどロスしたから、ラッセルの状況からして今日は登れないだろうが、取り付きだけでも確認しておきたい。

沢まで戻り、本谷沿いにのびる踏み後をたどる。
沢から稜線へと登り始めると、今朝入ってきた山梨の3人組に追いつき先を譲られる。

しばらく進むと、労山チームに合流。
彼らは4人ともワカンで、だんだんきつくなってくる斜面をラッセルをしていただく。

ちょっと悪いリッジが出てきたので、アイゼンの我々が交代して前に出てロープを出す。
ほんの一歩なのだが、雪が多くて先が見えずおっかない。
同じようなところでもう一度ロープを出していると後ろの3人組も追いつく。

時間は10時前で、昼までに5段の宮の取り付きまでたどり着けるか?
明るいうちに帰り着くのは難しいと判断して、ここで我々は撤退を決定。

2時間ぐらいかかったところを15分ほどで下って沢沿いへ。
10時半ごろには小屋に戻ると、寝袋に寒そうに包まっていたオーツカさんが「あれ?どうしたの?」とちょっと嬉しそうに出てくる。

じきに天狗尾根に朝一に取り付いていた小屋泊まりのおふたりが降りてきて、たどり着きそうもないので途中で止めて帰ってきたとのこと。

結局この週末に出合小屋に入ったパーティーは、天狗尾根・ツルネ・旭岳東稜全て途中で撤退した様子。

昼過ぎに車に戻り、温泉へ。
須玉IC手前の中華屋のボリューム満点定食で腹いっぱいになって帰路につくのでした。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

おつかれさまでした。

シモヤマさん、知り合いに遭遇しすぎw
山は狭いですね。特に冬は。

いや~ほんとビックリ、狭すぎです。
まぬけな山行になっちゃったけど、宴会の楽しさで救われました。。。
関係ないけど、"セクシー登山部"良いね~!!
非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。