山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄蓮谷右俣でメリークリスマス!

Category : 山行記録-氷-
20111224_oren_06.jpg
クリスマスは男3人で楽しく黄蓮谷右俣を登ってきました。
【日程】2011/12/23-25
【場所】甲斐駒ケ岳 黄蓮谷右俣
【メンバー】ナカジマさん、イノマタさん(杉並労山)、シモヤマ

1日目
天気は快晴。竹宇駒ヶ岳神社を出発して黒戸尾根を登りますが、まったく雪がありません。
5合目に到着して、やっとちらほら雪が出てくる程度。
今回は、5合目からの下降よりも6ルンゼのほうがアプローチが良いとの話を聞いて、休憩でご一緒した年配の3人組の方々にお話を伺うと、7丈小屋からのほうが早いのでは?とのことで、7丈小屋のテント場に幕営することに。

で、休憩していると見たことある顔が・・・またまた、龍鳳登高会のカワハラさんとイチクラさんなのでした。
「今日は七丈小屋のテン場に泊まって・・・なんて話をすると、結構長いし今日中に谷に入っておかないとビバークになるかも・・・」と聞いて、ヤバイかな?と少々ビビリます。

7丈小屋には、黒戸尾根でトレーニングのオーツカさん、左俣を登るウラヤマさんとコグレさんほかいらっしゃり、思わず宴会となります。
夜は風が出て、4~5人用テントではちょいと寒かった。

2日目
翌朝は3時半起床。4時半には出発!と思ってましたが、なんだかんだと5時発。
あのカワハラさんが「きついよ!」との言葉も気になり先を急いで昨日確認した6ルンゼの下降点に30分ほどで到着しますが、なんと私のアイゼンがない!
夏のチンネ左稜線を思い出しながら、7丈小屋まで走って往復します。

で、6ルンゼを下降して時間短縮で坊主の滝よりも上をめざします。
なんだかんだと、左俣との二俣あたりに7時ごろ到着。

最初の20mほどの滝ではロープを出しましたが、その後は快適にトレースを追って歩きます。
20111224_oren_01.jpg 20111224_oren_02.jpg

雪は少なくて、ラッセルになるような箇所も無く、氷もそこそこ凍っていて、夏よりも早いペースで進みます。
20111224_oren_03.jpg 20111224_oren_04.jpg

早いのは良いけれど、20代のイノマタさんを先頭に進むと40越えのシモヤマとナカジマさんは息があがりつつ頑張ります。
ところどころ、氷の幕の向こうに流れる水流が見えて美しい!

20111224_oren_05.jpg 20111224_oren_07.jpg
谷を詰めると、夏と同じくハイマツ帯に突入。
軽く雪をかぶってるけど、結構悪くて苦労します。

20111224_oren_08.jpg 20111224_oren_09.jpg
へべれけになりながらも2時ごろに山頂に到着。
あいにく雲に覆われて、景色はお預け。
「くたびれたし、今夜は小屋に泊まっちゃおう!」と決定。
夜はぬくぬくしながら、ナカジマさんの豚汁…ちゃんと豚肉でっせ…で宴会!

翌日のくだりも、カワハラさん・イチクラさんと5合目で合流して一緒に結構なペースで下るのですが、ビールが待ちきれないカワハラさんはひとりすたこらさっさときえてしまうのでした…やはりただ者ではない…いろんな意味で。
20111225_oren_10.jpg
帰りは尾白の湯で汗を流して帰るのでした。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。