山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チンネ左稜線

Category : 山行記録
8ピッチ目のリッジを登るオーツカさん

暑いお盆は、大塚さんが以前登っておすすめというクラシックルートの『チンネ左稜線』に行ってまいりました。

【場所】剱岳 チンネ左稜線
【日程】2011年8月13日(土)~16日(火)
【メンバー】大塚さん、下山
13日(土)
長次郎谷を登りたいというキャロリンさんを含む3人で、12日晩に東京を出発して扇沢へ。

昨年はわくわくして乗り込んだトロリーバスなどアルペンルート。
私とキャロリンさんは2回目、大塚さんは10回以上?

黒部ダムを歩いて渡ってケーブルカー乗り場へ。
黒部ダム ケーブルカー

ロープウェー、トロリーバスを乗り継ぎ室堂へ。
ロープウェー 立山ホテルのレストランにて

室堂から劔沢キャンプへは、昨年の横殴りの雨の中を進むのとは違い、景色を眺めながらで気分も違う。
雷鳥坂から雷鳥沢を望む 剱沢キャンプ場へ

キャンプ場で剱岳を見ながら、宴会タイム。
キャンプ場から剱岳を見上げる

14日(日)

剱沢キャンプ場の夜明け 快晴の剱岳
キャロリンさんとはここから別行動。

チンネの登攀をネットで調べると、たいていは雪渓を下って長次郎谷経由で登っているが、大塚さんや集会では皆「剱岳経由のほうが楽だよ」とのこと。(ふ~んそうなのか・・・)

5:30に出発。
キャンプ場を出発

いっぷく剱、前剱を越えて進む。
かにのたてばいよこばいは大渋滞しているらしく「1時間待ちだったよ」などとすれ違う人たちは言っているが、我々が着くころはちょうど登りの渋滞の終わりらしく、そんなに待つことも無かった。
蟹のたてばい・よこばいの下りの渋滞 剱岳の山頂に到着
11:00ごろ山頂へ到着。

その後は、点線とはいえ一般ルートのはずだが、テント一式にカムなどガチャ類、水など"液体(13%とか45%とかさ・・・)"4L程や食料に鍋やガスなど共同装備を背負っている身には、このルートは悪い・・・悪すぎる!
自分も怖いが、気をつけていても落石しそうで、暑さもあって参ってしまう・・・はっきり言って今回の山行ではここが私の核心。
北方稜線の点線ルート
「ひーひー、ふーふー」言いながら休憩していると、大塚さんは汗もかかず飄々として「なんか具合悪そうだね~、やめて降りちゃう?僕登ったことあるからやめても良いよ」とか言ってるが、「その前にポールの一本でも持つとか先に言うことがあるだろ~!」と思いつつも、『荷物渡してとっつゃんが落ちて化けて出てきてもやだかんな・・・くそ~』と前に進む。

なんとか雨が降り始めた15:00ごろにはビバーク地に到着。

15日(月)
3時半に起きると、お隣の男女ペアのチームはすでに壁に向かっている。

4時半ごろ出発して雪渓を進むが、4本爪のぴよぴよ軽アイゼンにストックしか持っていない大塚さんは苦戦。
こちらは前爪つきの6本なので「しょーがねーなー」とピッケルと交換するが、ストックではこちらも結構怖い。
雪渓と岩の間を歩けそうだと気づき、大塚さんに伝えて、こちらも登ろうとするがストックではうまく登れないうえに、アイゼンが外れてしまう。
外れても気づくまでは普通に歩けていたのだが、わかったとたんに固まってしまう。
「オーツカさん、アイゼン外れて、ピッケルも持ってないから動けない!」と先に登り終えたオーツカさんに伝える。
「どこら辺?」となにやら準備している様子のオーツカさん。
「早く!ロープくれ!」
「ロープにつけて渡すから!」
まさかと思い・・・
「ピッケルつけて投げようとしてないよね?死んじゃうよ!ビナつけてくれ!は・や・く!!」
「あ~そうか、わかった!」
先頭のチームが上から見てたら爆笑ものだな・・・と思いながらやり取りするが、こちらは必死。。。

ま、そんなこんなでちょこっと迷ったりしながらも取りつきに到着。
ある意味このチームの核心は正しいルートにたどり着くことなので、やっとスタートかと思ったら・・・シューズが無い。
ブログでシューズを忘れて登山靴で登ってる記録など見てたが、まさか自分が忘れるとは・・・。
一瞬「これって登らないほうが良いってことかな?」と心を過ぎるが、ふてくされながらとりに戻る。

三ノ窓から見ると、先行チームと、真下の取り付きにいる大塚さんがよく見える。
いったんルートがわかってしまうと、片道10分ほどの道のりで、さっきまでじたばたしてた地点もさっさと通り過ぎてなーんだと心も落ち着く。
1ピッチ目から三ノ窓

6:00前にスタートして、下山リードで登る。
岩も比較的安定して乾いているし、適当なガバも必ずあって快適なので、2ピッチ目からはツルベで進むことに。
1ピッチ目を登るオーツカさん 2ピッチ目を登るオーツカさん

ある意味、チンネのルートを登っている間が今回の山行中で一番安心できて快適だったかも。
急ぐと、登ってるほうも、ビレイしているほうもロープワークで息が切れてしまうようなピッチが続く。
4ピッチ目を登るオーツカさん 5ピッチ目ハイ松のリッジを歩くオーツカさん

核心のハングを登る先行パーティーのフォロー。
核心のハングを越える先行パーティー 9ピッチ目の核心のハングを越えるオーツカさん

核心のハングには緊張して取り付くが、ハングのムーブはどこ?と思っているうちに終了。
大塚さんともどもフリーで(いちおう)抜けられて良かったと喜ぶ。
下を見ると、青年がひとりとことこと歩いてきて、タバコをすって休憩している。フリーソロか~、すげーなー。

その後も快適なピッチが続き、前後のパーティーともくっつくことなくチンネの頭に到着して、11:00前には終了。
10ピッチ目をリードするオーツカさん チンネの頭へ到着
さて、チンネの頭から懸垂で下るが、帰りはどっち?歩いていけそうな踏みあとはない。
「オーツカさん、前来たときはどこから降りました?」
「そんなもん、10年も前のこと覚えてるわけねーだろ!」(キッパリ)

壁にはさまれたガレた急坂に懸垂の支点があるので偵察すると、池ノ谷ガリーに下る懸垂支点がさらに先に確認できる。
でも、目の前の岩峰を越えれば、池ノ谷乗越しでは?と一応登って偵察したが、やはり違う。

チンネの頭に後続チームのおにーさんが到着してきたので、「どこから降りるの?」と聞く間抜けな二人。
結局、落石に注意して池ノ谷ガリーに懸垂して、三ノ窓にデポした荷物を回収して池ノ谷乗越しに戻る。

「帰りは剱岳経由で戻るなんざ絶対いやだ!」という下山は、「剱岳から下るほうが楽なら別行動でもOKっす」と話すが、大塚さん「年寄りをひとりにしちゃあいかん」と一緒に長次郎谷を下ることに決定。

ちょうど埼玉からきたというお二人がロープを準備して雪渓をくだろうとしているので、ご一緒することに。
降り出した雨の中、下山ロープを担いで先行して下ると、途中からしっかりした踏みあとがある。

大塚さん、続いて下りながら「大丈夫だけど、ずっとだとちょっと恐いな~」と言っている。
雨にぬれたロープ2本が首に食い込んでくると・・・『共同装備はこっちが持ってるのに、ぬんちゃくだって2本しか持ってこないし(越沢だって登れないじゃん・・・)、その分こっちがいっぱい持ってくることになって余計に重いし・・・』などなど思い出すとだんだん腹が立ってきて、「命かかってる装備けずってどうすんの!ちゃんと持ってこなきゃだめだよ!!」と怒鳴っちまいます。(いまさら言ってもしょうがないし、こんなときほど怒っちゃいけないのは重々承知なんですが・・・)

ま、こんなときでも飄々している大塚さん、なにやら支点らしきものを発見。
そのあともすったもんだしながら懸垂下降すると、どうやら熊ノ岩の近くまでガレを歩いて下れそう。

「できれば松本あたりで宿をとって祝杯!悪くても剱沢キャンプ場でビールにワインも買っちゃおうかな!!」なんて夢は潰えて、熊の岩でもう一泊することに。
ま、お酒は無いけど、食料も水もたっぷりあるし、楽しくコーヒー飲んで宴会!

16日(火)
雪渓のくだりの時間が読めないので、ちょいと早めに5時起床して7時前に出発。
「僕は紐につながれた忠犬ですよ」なんて言ってる大塚さんをコンテで確保しながら順調に下る。

出合からは雪渓をのんびり登り、途中の沢で汗を流したりして10時ごろには剱沢に到着して、軽くビールで乾杯!
剱沢雪渓を登る

室堂まではみくりが池へのコースを選ぶが、我々の煩悩のよ~に階段を長く感じる。
やっとこさ到着した室堂で立ち食いそばをむさぼり、大町の薬師の湯につかって垢を落として帰路につくのでした。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。