山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山は山でも

Category : いろいろ記録
行って来ました!!山は山でも博多のヤマ「博多祇園山笠」へ。
コト始まりは、いつものように深川の飲み会(運営会ともいう?)の帰りの電車の中で奥薗さんが博多出身と聞き、山笠の話しで盛り上がってしまい、奥薗さんから「それじゃ今年一緒に出ましょう!」と言われ、私は思わず「宜しくお願いします!」と返事をしてしまいました。
山笠について簡単に説明しておきますと、正式には「博多祇園山笠」といい、7月1日~15日に開催される博多の総鎮守「櫛田神社」に奉納する神事です。いくつかの町内が集まり、流(ながれ)という単位を構成します。流には千代流、恵比寿流、大黒流、土居流、東流、西流、中洲流の七つの流があり、この各流が「舁き山」(かきやま=重量1トン!)を担いで5キロのコースを走るタイムレースです(一等になっても賞はでませんが)。参加できるのは男性のみ(小学生までの女の子はOK)。スタイルは水法被(みずはっぴ)に兵児(へこ=ふんどしです)、足は地下足袋に脚絆と決まっています。
出発前「木村は不摂生がたたり完走できない」との下馬評がでていましたが、無事完走してきました。
そんな状態で迎えた7月14日朝、奥薗さんと三鷹で待ち合わせて出発。博多に到着後、早速櫛田神社にお参りし安全祈願を済ませました。
seido.jpg
▲櫛田神社の清道(せいどう)に立つ奥薗さん。ここに清道旗が掲げられ、山笠はここを一周して博多の街に飛び出します。
kazari.jpg
▲これは「飾り山」といい、展示用です。昔はこれを舁いていたそうです。
夕方の流舁(ながれかき=リハーサル)まで時間があったので、博多の新名所ベイサイドプレイスで昼間からビールと焼酎のお湯割りなど飲んでしまいました。夕方、今回お世話になる恵比寿流の山小屋(期間中山笠を保管するテント小屋)を目指します。博多の町は意外にもコンパクトで、30分も歩けば端から端まで歩けてしまうようです。奥薗さんと二人プラプラ歩いて歩いていくと、見えてきました!水法被に兵児姿の集団。ちょうど流舁が始まるところです。
nagarekaki.jpg
▲初めて見る本物の舁き山はド迫力!
nagare2.jpg
▲オイサッ オイサッの掛け声で走っていきます
dna.jpg
▲恐るべし博多っ子のDNA ゼロ歳児にして水法被とオムツの上から赤い兵児

maneki.jpg
▲小学生の役割は、この招き板(流れ名・町名が書いてあります)を持っての先走り
今日は見学だけなので私たちは気楽なものですが、舁いている人たちは明朝の「追い山」(山笠の本番=朝4時59分開始)に向けて気合い十分です。このあと早めの夕食をとるべく(明日は夜中1時起床)奥薗さんが調べておいてくれたモツ鍋の名店「楽天地」博多駅前店(本店は福岡天神にあります)に向かいました。ここのモツ鍋はホントに美味かった。まったく臭みがなく、夏バテ防止に最適です。当然お酒も進みビールから焼酎のお湯割りへとうつりました。奥薗さん曰く「東京の焼酎のお湯割りは薄い!」たしかに昼に飲んだお湯割りもこの楽天地で出されるお湯割りも管○がつくるお湯割りといい勝負です。さすがに明日のことを考え深酒はしませんでしたが、結構飲んでしまいました(926日め無事達成)。このあとホテルにチェックインして9時過ぎには寝てしまいました。

7月15日 深夜1時過ぎ起床。シャワーを浴び、軽く食べて2時出発。タクシーで奥薗さんの弟、聖治さんとの待ち合わせ場所石堂橋の近くに向かいました。無事、聖治さんご一家と従業員の松永俊也さんほかと合流することができました。聖治さんは早良区で「居酒屋せいじ」を経営されています。松永さんは恵比寿流を構成する竪町の出身で、今回竪町の総代、堀さんに話しを通して身元保証人になって下さった方です。この身元保証人がいないと私のような外部の人間は山笠に参加できないのです。早速堀さんのお宅で着替えです。そう憧れの山笠スタイルです!脚絆を着け、スッポンポンになり兵児を締めます。これは1人では絶対締められません(長さ約4メートル)。手伝って下さった方から「ケツに入ったら言って下さい」と言われ、股間を通した布を渾身の力で後ろから引き上げるのです。私は体重が軽いため持ち上がってしまうほどでした。(痔主の人はまず無理か?)
heko.jpg
▲ゆるんでいるとこはないか入念にチェック
hyuma.jpg
▲飛雄馬君(聖次さんの次男)
1.jpg
▲博多モンらしく腕を組んでみました
kinen.jpg
▲全員集合!左から聖次さん、木村、奥薗さん、松永さん、
記念撮影のあと歩いて櫛田神社に向かいました。まだ真っ暗ですが神社に向かう道は、水法被に兵児姿の集団がぞろぞろ向かっていきます。<以下続く>

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。