山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワツメクサは満開(北鎌~西穂)

Category : 山行記録
イワツメクサ

オハラ先生から「北鎌行きませんか?」とマモメールに流れたのが6月。「あー、行く行く!」とを挙げたものの、「ついでに西穂まで行っちゃえ、奥穂~西穂まだ歩いてないしぃー」ということで7月下旬に行くはずが、天気不順で私は当日ドタ中止。その後はバイトに励んでしまい、ザックはそのまんま玄関に一ヶ月以上放置・・・しかし、やっと行って来ました。
【日  程】  2009/9/2(水)~9/5(日)
【場  所】 槍ヶ岳 北鎌尾根 ~ 北穂 ~ 奥穂 ~ 西穂
【メンバー】 とみづか
9月2日(水)
放置プレーのザックの中身を多少見直し、山靴をアプローチシューズに替え、軽アイゼンとストックは置いて行く事に。天上沢の雪渓ももう問題ないだろう。"上高地ゆうゆうきっぷ"という大変お徳な切符で新宿7:00発。昼過ぎには上高地到着してババ平に直行。雪のない上高地界隈は久しぶりー。

9月3日(木) 曇り時々小雨
天気予報では雨のはずが、雲間に星も。ナンダナンダと慌ててテントを撤収し、5時半にババ平を出発。水俣乗越まで登って東鎌尾根を3歩ほどで横断し、天上沢をガーっと下って北鎌沢出合到着が8時。天上沢上部の雪渓は50m弱でアプローチシューズでOK。北鎌沢出合はボケーッと歩いていると通り過ぎてしまいそうな感じ。今年は北鎌沢の水量が多いらしく、右俣の結構上の方でも水が取れました。心配な私は右俣と左俣の分岐(出合から歩いて10分もしないよ~)で早々に1泊分の水を仕入れてしまいました・・・重いのに。

北鎌沢出合 北鎌沢右俣~お花がきれいです 最後の分岐は直上だよ
基本的には沢の分岐は右、右なのですが、最後は直上。と、大天井ヒュッテのHPにもあった通り最後だけは沢に入らず真っ直ぐ。途中、2人組パーティーを抜かしたけど、この日出会ったのはこのパーティーのみ。

やれやれで北鎌のコル到着。まぁ、高曇りで涼しいから楽な方だったかも。あとは始終ガスがかかる中をテクテク登ったり降りたり、鬱陶しいなぁ~。結構、踏み跡が付いているし、ビバーク用にあっちこっち整地されてるし、ルート取りに迷うという感じでもなかったなぁ。でも独標への登りでちょっと巻いてからテキトーに登ったら、上の方で草付き&ハイ松漕ぎ状態に。「えっ、えっ、これ合ってるの?断崖とかに出て戻れなくなったらどーしよー。えーん涙ごめんなさ~い、もうしませぇ~ん(って何に対して?)」というのが一箇所。独標の少し先に出てしまいました。当然、戻りません。それからP11とか12とか13とかゴチャゴチャしたのを登ったり降りたり。色々と巻き道っぽい踏み跡もあるけど稜線通しを心がけて行けば特に問題なかったし、早い。予定では15時までに北鎌平に着いたらそのまま抜ける、ダメだったらどっかでお泊まりと思ってましたが、15:03に北鎌平に到着でGo on。ガスがかかり展望イマイチ、遠くで雷がゴロゴロ。槍の後姿もちょっと寂しげ。と言うか、写真を見ても槍とはわからないよ~
北鎌を振替って 裏から見ると槍とはわからん!

最後のチムニーをサクッと超えて16時ちょっと前に穂先に到着。頂上には誰もおらず、一人寂しく自分撮りの記念写真を撮って穂先を後にするのでした。

で、北鎌の感想は?本に「北鎌尾根の真骨頂は何と言っても冬期だが」ってあったけど、やっぱりそうなんだろうなぁ・・・でも、この時期に誰もいないと言うのは恵まれてたかも。

9月4日(金) 曇り
今日は奥穂まで。のんびりと6時半にテントを撤収して出発。天気イマイチのせいかキレット越えも、はるか前後に一組ずつ。滝谷にはガスがかかり、私的にはそれっぽくていい感じ。
滝谷はこうでなくちゃ

北穂に到着するとどっと人が増えました。奥穂に縦走する集団パーティーも何組か。年配の方が「こっちは何だ~」とか言いながら滝谷へのクライマー道にフラフラ入って行こうとするので「こらこら、危ないよ」と言ってあげました。涸沢岳からは雲の間からお正月に途中敗退したジャンダルム飛騨尾根がくっきり。やっぱりかっこいいスカイラインだね、タイヘイさん。12時半前に穂高山荘のテン場着。ビールで乾杯。夕方には雷&土砂降り、でもその前に前穂北尾根が綺麗に見えました。

ジャンダルム飛騨尾根 えーっと、5-6のコルは・・・

9月5日(土) 晴れ
晴れの予報ながら早朝はガスのなかで寒い。5時半出発。かじかむ手にハーハー息をかけながら奥穂山頂に向かう。と、さすが穂高連峰の最高峰。既に人が溢れ返ってました。混雑する奥穂を背に西穂へ。ひゃ~、こんなところを縦走する普通の(注:岩登りじゃない人)登山者はすごいねー。馬の背とかいうナイフエッジの下りは朝露でちょっと濡れていたりしてドキドキ。その後の上り下りも案外悪いよね。これで、○とか×とか→とかが書いていなかったら大変だよね。10:10に西穂到着。なぜか、だーれもおらず、また一人寂しく自分撮りするのでした。
うまの背。こんなの降りるんだよ・・・濡れてるのに はいおしまい

14:25に上高地到着、40分発の新島々行きバスに飛び乗り、松本で銭湯に浸かり、22時半にはお家で缶ビールの栓を開けてグビグビ・・・

やれやれ、明後日からヨセミテかぁ!

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

お天気まあまあでよかったねえ。
ニッポンの壮大な自然を堪能してすぐに
さらにスケールのでっかいヨセミテとはほんにうらやましい!!
楽しんできてね。

ヨセミテよいな~~~!
おみやげはカムでオーケーですよ。。。(ジョーダンです)
気をつけて楽しんできてください!!!

ENJOYしてますねぇ♪いいなぁ(^∇^)
ヨセミテも思いっきり楽しんでくださいね。
いってらっしゃ~い\(^^)/
非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。