山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ツアイス&ハイク

Category : 山行記録
【日にち】2009年3月14日(土)-15日(日)
【メンバー】楯岡さん、小原先生、手島
【ルート】3/14:美濃戸~赤岳鉱泉(泊) 3/15:赤岳鉱泉~(文三郎尾根)~赤岳~横岳~硫黄~美濃戸

3月14日(土);
強風で朝電車が止まってしまい、一体どうなることやら!? と思いましたが、なんとか小一時間遅れで鶴見を出発。
鉱泉までの道すがら「バイクで180kmともなると股擦れならぬ肛○擦れでトイレで拭けなくなるんですよ~」などとトライアスロン苦労話などで笑いながら赤岳鉱泉に到着。
荷物を置き、12月より大分太くなったアイスキャンディーで早速遊ぶ。楯岡さんは1本登ると寒さから小屋内へ。小原先生と私は下りる度に「楽しくなってきました」と登るのを奪い合い譲り合いながら2-3本ずつ交代で登り、気が付いたら夕食時間!中で待っていた楯岡さんをヤキモキさせてしまったよう・・・すみません(><)。暖かい小屋で豪華な食事(なんとステーキ!)豪華夕食と楯岡さんが背負ってきてくれた赤ワインを楽しんだ後、部屋で私の赤ワインも追加投入し宴会の続き。途中荒井代表もチラッと合流するも、21時の消灯と共におとなしく就寝。

3月15日(日);
めちゃめちゃいい天気!阿弥陀や赤岳主稜を登る人達を横目に文三郎から赤岳へ向かう。阿弥陀をバックに風もそれほど強くなく主稜には数えただけでも28人が取り付いていた。山頂に着くと楯岡さんから「地蔵まで行ってみる?」と提案が。0903157 赤岳山頂あまりの良い天気に下山するのが勿体無く、結局、赤岳~横岳~硫黄と周遊コースをとる事に。楯岡さんの中山尾根でのビバークポイントや大同心のルートなどを「へぇ~」「ほ~」と聞きながら、山座同定中硫黄岳山頂から
最後に美濃戸山荘でうどんやおしるこを食べて無事下山。夕方まで天気はサイコーだった。

甲斐大泉駅近くの「パノラマの湯」で富士山や南アの眺めを楽しみながら汗を流した後、帰路についたのでした。
楯岡さん、小原先生、2日間お疲れ様でした!楽しかったです♪&色々とお気遣いありがとうございました。

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。