山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉狩り - Insubong

Category : 山行記録
PA150038_RS.jpg

【日程】 2008/10/13-18
【場所】 インスボン
【メンバー】 深川のワタナベさん、まるちゃん、とみづか


紅葉真っ盛り!初インスボンのクライミングを楽しむワタナベさんとまるちゃんを横目に怪我のため登れない私は周辺をウロウロ探索したり、寝っ転がって2人のクライミングを見学したりしてました。まぁ、今更岩場の写真でもないでしょうから目新しいネタ中心に・・・

まずはインスボンのお隣、白雲台(ペグンデ、北漢山の主峰で標高836m)。白雲山荘から徒歩30分弱。紅葉鮮やかなトレイルを抜けると花崗岩の岩山がでぇーんと目の前に。トレッキングルートとは言え、山頂まで頑丈な手摺が張られ、岩は所々つるつるに磨かれているため、みなさんキャーキャー言いながら登っていました。何故か革靴(会社に履いていくビジネスシューズ)の男性が1人。さすがに下山時は裸足になってました。

■紅葉のトンネルを抜けると・・・
PA150026.jpg PA150027.jpg

■白雲台、途中のアヒル岩(と勝手に名付けた)、インスボンの西壁が良く見えます
PA150028_R.jpg PA150029.jpg PA150035_R.jpg 

■白雲台は老若男女の人で一杯、白雲台西面の眺めもお見事
PA150034_R.jpg PA150043_R.jpg
この人の多さ、週末ではありません。平日です。ハイカーの中には会社の行事で来ているグループも。午前中に登山をして午後から会社に戻って仕事だそうです。ソウル市内から登山口まで車で約40分、そこから頂上まで1時間半程度ですからねぇ。日本で言えばお花見の感覚でしょうか。

■インスボンの岩場も人で一杯。思いっきりロープが交差していても一々気にしてられませんよぉ~~
PA160048_R.jpg PA160056_R.jpg
白雲山荘のスタッフの方が「平日来るクライマーは働かなくてもいいような裕福層」とおっしゃってましたが、確かに、高価なウェアと最新の装備に身を包んだムッシュー&マダムが中心でした。そうそう、ワシャワシャ登っていたムッシューのポケットからお財布がポトリ・・・中のお札がひらひらと岩場に舞い、ヤンヤヤンヤの大喝采を浴びていました。


お次はボルダー。白雲山荘に行く途中のキャンプサイト(レンジャー・ステーションがある所)周辺にボルダーがあると言うので探索してきました。確かにありましたよ~。始めた時間が遅かったので2~3個の課題を登って終りでしたが、いずれもスタート核心で4?~6級程度とのことでした。

■キャンプサイト周辺のボルダー
PA160062_R.jpg PA160063_R.jpg PA160065_R.jpg PA160067_R.jpg PA160070_R.jpg PA160068_R.jpg


Comment

トップの紅葉は見事ですね。
子供の頃初めて見た花札の鮮やかさを連想しました。

もみじに鹿ですね・・・
先日は三つ峠から初狩駅まで静かな尾根歩きをしましたが
終わりかけの紅葉もなかなか味わい深いものがありました。
途中、鹿ならぬカモシカに威嚇され、すっかりびびってザックに
鈴を付けました。
非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。