山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タワ尾根

Category : 山行記録
木

【日程】2008.5.17(土)~18(日)
【メンバー】河井さん、下山
【行程】
5/17 日原鍾乳洞駐車場~石山神社~タワ尾根~ウトウの頭~長沢背稜~酉谷山避難小屋?
5/18 酉谷山避難小屋~長沢背稜~一杯水避難小屋~ヨコスズ尾根~日原~鍾乳洞駐車場


酉谷山より
「ガソリン高くて遠くは無理!近場で楽しそうなところを探そう」ということで、一般の登山道ではないところを登るので面白そうだと前から河井さんが目をつけていたタワ尾根を歩くことにします。
久々日原の鍾乳洞横の駐車場に車を止めますが、岩の崩落が続いているのか昔駐車場だった山側にはしっかりと壁が作られています。
この岩壁、昔は登ったんでしょうか?しっかりとしたハングがあってなかなかの迫力です。
石山神社の裏から急登をぜいぜいしながら登り、尾根をつめていくとガラガラに崩れた斜面に突然立派なコンクリートの階段が残っていてびっくりします。「昔はここに一般の人を呼び込もうとしてたのかな?」と話しながら登ります。
タワ尾根は一面の笹が枯れていて歩きやすい。広くてなだらかな尾根に水ナラの巨樹。積雪期に来れば最高のテン場になりそう。なにやら黒い影が走り去ったのは、鹿かカモシカか猪か…はたまた小熊か?
稜線沿いに登っていくと、ピカピカの荷揚げ用?のレールが続き、人工物にちょっと興ざめ。くたびれたころにウトウの頭に到着して紅茶を入れて休憩。誰も来ないな…と思っていると3人組のデイパックの男性が登ってきた。タワ尾根から一般道の長沢背稜に入ると、等高線沿いのなだらかな小道が続く。結構なペースで歩き、酉谷山と避難小屋への分かれ道で休憩。先ほどの3人組がやってきて酉谷山への道を登っていく。霧で視界がきかないので、我々は酉谷山をパスして避難小屋方面へ向かい、「時間もあるから一杯水の避難小屋まで行っちゃおうか?」と話をする。
酉谷山避難小屋は小屋の土台が一部崩落しているため使用禁止。雨も降ってきたし歩くのはやめてテントを張ろうかと休憩していると、小雨と共に雷がゴロゴロと…緊急避難することに。
秩父方面から登ってきた男性1名も避難してきた。
軽くワインを飲み、つまみを食べて…あとはすることも無く、寒さもあって寝袋に包まると皆いびきをかいて気持ちよさそうにお昼寝タイム。夕方目を覚まして、ビールを開けて乾杯し、夕食はカレー。まあ、何てこと無いこういう暇な時間がなんとも楽しい。
早めに休んでいると、酉谷山に向かっていた3人組が夜半に戻ってきた。秩父への道が崩落していて下れなかったので登り返してきたとのこと。
翌日は皆さんが出発した後のんびり食事をして、7時ごろ出発。
霧で景色は見えないが、これはこれでなかなか幻想的な風景だし、気温も歩くのにちょうど良いぐらいで汗もかかないから快適。あまり早く下りてもしょうが無いねと一杯水避難小屋のベンチで休憩して、湯を沸かして紅茶を飲む。ガスをつけようとすると手がかじかんでいるので、意外に気温が低いようだ。 
下りも傾斜はあるが、視界が開けていて道も良いため歩きやすい。10時には日原に到着。のどかな里の風景に和む。
鍾乳洞の駐車場まで車道をあるき、いつも車で素通りしていた見晴亭という看板の店で草もち\100という看板に惹かれて買ってみると、これが作りたてだったのかもち米の粒々が少しのこっていて食感がよく、餡も甘さ控えめで美味い!
帰りは温泉に入るまでもないね~と青梅街道を走り、昼過ぎには家についてしまうのでした。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。