山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大同心

Category : 山行記録
大同心を見上げる

【場所】八ヶ岳・大同心 正面壁 雲稜ルート
【メンバー】下田、下山
【日程】2008年3月16日(前夜泊)

今回の核心
美濃戸口の駐車場でシモヤン号初めてのチェーンを巻いて美濃戸山荘へと向かいます。
林道入ると、ごつごつと雪が底をこすって、大丈夫かな?と不安になります。
案の定、下り坂の手前で運転手のシモヤンが「大丈夫かな?」と聞いてきます。
俺に聞かないで…と思いつつも「JAF呼べる?」(シモヤマ)「呼べるよ」(シモヤン)と会話して、駄目でもこれも良い経験か?と「よし、行っちゃおうか!?」とつっこむことに決定、一気に坂を下ります。
が、核心は急カーブのアイスバーンと思ってたのに…ずっと手前の橋を渡った軽い勾配の登りに差し掛かったところでスタック。にっちもさっちも行かなくなり、必死に木を集めて何とか抜け出します。
先に駐車スペースがあり、そこでUターンできそうですが、そこまでの轍が深くてとてもたどり着けそうに無く、かといって戻りの急勾配の坂も登る自信無さそうな様子。
参ったな…と思っていると、下ってくる車があります。
まずい…と見ていると、なんと四駆のワンボックスをしたがえたJAF!ではありませんか。
話を聞くと、四駆でチェーンをつけていてもスタックしてしまうらしくこの日だけで4往復とのこと。
オンロード仕様のシモヤン号では戻れそうに無い…助けてください!とお願いします。
「JAFの会員ですよね?」と聞かれたので「ハイ!」と答えてシモヤンに「入ってるよな?」と相槌を求めると、「入ってないよ!」と…。
「へ?JAF呼べるよって言ってたジャン?」「だって、呼べるじゃん…」「いや…確かに呼べるけど…」(こんな会話をいつかの穂高屏風岩でも交わしたような…)
ということで、「12,000円ですけど…」いやいや、このままここにいて春になるまで待つわけにはいかんので「よろしくお願いします!」と頭を下げます。
で、必死の形相で運転している四駆ワンボックスを片付けた後に戻ってきてもらうことになり、のんびり待ちます。
ひとり6000円は痛いが、背に腹は変えられん…戻ってきたJAFのハイラックスサーフに引っ張って貰います。
これが凄い!きつい坂道をケツを振りながらガンガン引っ張っていきます。
我々は感動しつつ、やっぱり次に車を買うなら、雪の坂道登れる車だな…と目がハートマークに。
JAFの方に伺うと、センターデフロックでLSDで…と雪道でも強いカスタムとなっているようです。

赤岳鉱泉へ
まあ、そんなこんなで車を駐車場に戻して、とぼとぼと歩きます。
シモヤマは数ヶ月の無職期間&新しい職場も目黒で電車通勤になったせいで運動不足を痛感…自転車こがなきゃな。
何とか5時頃赤岳鉱泉に到着してテントを張り、乾杯します。
(シモヤンばっちり食料と酒を準備してくれてありがとう!酔っ払ってくだを巻いて?ゴメンね)

肝心の登攀
翌朝は4時起床。ゆっくり食事をして、明るくなるのを待って出発。7時過ぎに岩場の基部へ。
ここから、取りつきまで40mほど下るのですが、途中でリングボルトがありここで支点をつくりビレイします。
上には全くハーケンが無く、横にハーケンを見つけたのでそちらに下ると、ペツルの支点があります。
ここからさらに下に巻くようにハーケンが打ってあり、そこから登るようになっています。
で、ここで支点を作って先ほどの地点からシモヤンが来るのを待ちますが、ロープがひどく絡んで難儀しています。
さて、なんだかんだと1時間以上たって、1ピッチ目をシモヤン登り始めますが、久々の人工&鐙にカンが戻らないのか、ヌンチャクかけて、右の鐙をかけて、左の鐙をかけて、岩をがりがりさせながら登って左の鐙にフィーフィーかけて(鐙に乗れよ!)、右の鐙を外して(外してどうする?)ヌンチャクをつかみ…と下から見てると笑える動きを必死に迷いながらやってます。
結局1ピッチ目をシモヤンがリードし終わった時点で9時。
天気が良いので、凍傷の恐れは無いのですが、風が強くて体の芯まで冷え込みます。
谷川や穂高の本番前の練習に登る…とガイドブックにあったので少しなめていたのですが、結構あたふたします。(さっきはシモヤンつっこんでたけど、我ながら変なムーブをやってます)
で、2ピッチ目を続けて登ると、人工ではベタうちでハーケンが続くのに、フリーになると途端に無くなり、かつ雲稜ルートらしいというか弱点ついてトラバースが入るのでルートを探すのに結構迷います。
なれない人工で無駄な力を使うのと、45m一杯にロープを伸ばしたので最後はヒーヒー言いながらフィーフィーにぶら下がり(オヤジギャクですいません)体力不足を痛感します。
2ピッチ目を登る
2ピッチ目を終えると草つきが出てきて、傾斜もゆるくなります。
12時過ぎにドーム基部に到着。
ドーム下から小同心
日も出て暖かくなってきたのですが、ドーム人口登攀の支点までのトラバースをしている15分の間に風向きが変わり、空をどす黒い雲が覆います。
「どうする?」とお互い言い合い、雨が降ったら嫌だな…ということで、さっさと下ります。

宴は終わって
大同心稜を100mばかしくだると、スリングの懸垂下降点があります。
15mばかり懸垂下降すると歩ける傾斜になります。
後は歩いて一気に下り、赤岳鉱泉~美濃戸山荘~美濃戸口へ。
帰りは道の駅小淵沢のスパティオ小淵沢で汗を流して帰路につくのでした。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。