山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨセミテクライミングツアー Part2/9 “Yosemite Camp4 1st day”

Category : 山行記録
Friday, October 19,2007
Swan Slabで特訓?
ヨセミテツアー初日は、スワンスラブの名前の無い5.7~5.9のクラックを軽く登って昼過ぎに終了。
スワンスラブでトレーニング

9時半ごろ目が覚める。シェラフを抜け出してテントから顔を出すと、南裏さん、出村さん、神林さんが外で話をしている。トイレ横のサイト9に我々が陣取っているので、ちょうど皆寄っていくには絶好のポジションになっていて、さながら小さな日本人村といった感じだ。
コーヒーを飲み、スーパーでこれなら間違いないだろうと選んだナッツ系の食パンでサンドイッチを作り朝食をゆっくり済ませる。パンはなかなかうまくてあたりだな。
Camp4周辺のボルダーを渡辺さんから説明受けながらのんびり歩いてSwan Slabへと向かう。日あたりがよくて暖かい。ガイドと客らしきパーティーが一組、クライミングの説明をしてからトップロープで練習をしている。名前の無い5.7のクラックから5.8のliebackで体をほぐすと、汗が噴出してくる。5.9のGrant’s Crackなどを登るが、岩肌がつるつるでフリクションが効かないが、スタンスもそこそこあり楽しむことができる。ふと登ろうと8の字を結んで振り返ると渡辺さんも一緒に8の字結んでたりして、ひどい時差ぼけだねと二人で大笑いしてしまう。一人でやってきて、5.6や5.7のやさしいのをフリーソロで登っている青年がいて、我々の写真を撮ってくれる。メールと一緒に後で送ってくれると言うのでアドレスを交換する。
慎重にフリーソロを楽しむ

ビレイしているとじっとこちらを見ているリスがいる。どうやら巣作りしているらしく、葉っぱをせっせと集めているのだが、ちょうど巣の入り口がすぐ近くにあるため我々が邪魔らしい。最初はかわいらしくこちらを見つめて、隙をうかがってさっと走っていたが、だんだん頭にきたらしくキーキーと鳴き続けてこちらを睨んでいる。
早くどけよと怒るリス

Swan Slabは初心者や気楽に遊びたい人にとっては絶好の場所らしく、親子3人連れがやってきて父親がリードで5.6のルートを登っている。反抗期ぐらいの年頃の息子が面倒くさそうにビレイをしていたが、オヤジが登り終わるとスニーカーのままずるずると登っていく。やがて、読書をしていたお世辞にも痩せているとは言い難いおかあちゃんが立ち上がり、ハーネスを悪戦苦闘してはめようとしながら、でもうまく着けられずに「ねえ、ハーネスどうすればよいの?」なんて叫んでいる。
やがてスタートした彼女は、決してうまく登るわけではないけれど見事に足ジャムを決めて大きなお尻を踵の上に乗せている。思わず参考にしようと見ほれてしまう。さすがアメリカはクラッククライミングの本場だ…と妙な感心をしてしまうのだったが、本当に皆それぞれのスタイルで楽しんでいる。
ひとしきり汗を流すと体のむくみも取れてきた。昼食をとりにCamp4に戻る途中、鹿が昼寝をしている。
昼寝する鹿

午後は車で、NutCrackerのあるMANURE PILE BUTTRESを見に行くことにする。
近くにドーンと聳えるEL Capと比べると、小さな岩ころにしか見えないが、しっかり5ピッチはある岩場で楽しみだ。
Nutcrackerのバリエーションを登るパーティー

続けてEast Buttressのアプローチを確認しにCATHEDRAL ROCKへと向かい、駐車場の位置だけ確認しておく。
Camp4に戻り、昨夜と同じくマッシュルームクリームソースのパスタ。セロリをピクルスの残り汁につけて即席のピクルスにするとなかなか旨い。アンバー(ブラウンビール)を飲んでいると皆が戻ってきた。皆でバーボンを飲みながら話をする。
話は横にそれるが、以前アメリカに来たときは酒が安いなと感じ、特にバーボンなど強い酒になるとかなりの割安となり喜んだものだが、今回は日本と変わらないか割高で驚く。しかも種類に関しては我が家の近所にあるディスカウントショップの方が段違いに品揃えもよい。まあ、スーパーやビレッジストアで比べるのもなんだが…。
さて、Camp4にはそれぞれのサイトに椅子と一体になったテーブルが幾つか置いてあるのだが、他のサイトに持っていかれたままなのかこのサイトには無い。皆で立ったままずっと話をしていたのだが、それもつらくなってくる。銀マットをテントから出して皆で座ろうと言うと、「花見のようだね~」と皆で妙に照れてしまう。
出村さんは海外のクライミングエリアに詳しく、中国の桂林など各地の話をして盛り上がる。
シェラフにもぐり込むが、今夜も結構暖かい。明日はNut Crackerかな?と思いつつ眠りにつく。

Comment

非公開コメント

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。