山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEY U!

Category : 山行記録
飽きてきたよおぅ・・・
『Snake Dike』
取り付きからHalf Dome頂上まで4時間。内、2時間位は写真の通り待ち状態。
雹の心配も雷の心配もなかったからまぁいいけどね。
【日  程】 2013/8/23-9/20
【場  所】 Mt.Rainier ⇒ Eugene ⇒ Yosemite
【メンバー】 とみづか
8/23-31 Mt.Rainier National Park
昨年に続いてボランティア活動に参加。今年のレーニアは天候が不安定で姿を見せたのは最終日の午後。去年苦労して作った石段もしっかりしたもので嬉しい~
夕暮れのレーニア  石の階段

9/1-4 Eugene
Yosemiteへの移動をどうしたもんかと「地球の歩き方」をパラパラめくっていたら岩場の写真発見。
オレゴン州のユージーン。
この町をベースに映画『Stand by Me』が撮影されたらしい。
オレゴン州立大学もあってアスリート体型の比率高し。
スーパーなんかでも体に良さ気な食べ物が多い。
駅から徒歩10分でクラックもある岩場あり。
そして、Smith Rockまで車で2時間半。
"HEY U! wanna climb SMITH?"なのである!
行かなかったけど。

Bike&Trekと人工壁三昧の滞在デシタ
Bikeが盛んな町です Skinner Butte Park ジムもあるよ ジム内の掲示版

9/5-17 Yosemite National Park
アメリカ到着当時、TVでもトップニュースはヨセミテの山火事である。
最短距離のR120は閉鎖のまま。ので、マーセド経由のR140でヨセミテ入り。
あれ?山火事は? 大分落ち着いてきたらしい。バレー内ではほとんど影響がないようだ。

さて、どこに滞在するか。
この時期、Camp4は一週間しか滞在できないハズ。
取り敢えず、予約不要で1泊$14のBridalveil Creekへ行ってみた。
静かで綺麗なキャンプ場。夜には手が届きそうなほど近くに満天の星が見られる。
しかし、バレーまで山道を片道1時間はちょっと不便かな。

【トレッキング編】
で、思いついたのがバックカントリー。
基本的に宿泊費タダである。トレッキング前後はバックパッカー専用サイト(1泊$5)にも泊まれるし。
しかも、なんてったって"John Muir Trail(の10分の1)を行く!"である。
おぉぉ~、ナイスアイディア!

心配したPermitもあっさり取れていざ出発。

9/8  Valley ⇒ Little Yosemite Valley   7.6Km
9/9  Little Yosemite Valley ⇒ Tuolumne  26.0Km
9/10 Tuolume ⇒ Vogelsang ⇒ Merced Lake  24.0Km
9/11 Merced Lake ⇒ Valley         21.0Km

3日半の歩行距離は80Km、標高は1,200m~3,000m、一日の行動時間は10時間位。
のんびりとハイキングできない性分である。
アメリカ人のお兄ちゃんに「Crazy!!!! トレッキングっていうのはな、1日10キロ位にとどめて…云々」
と説教された。

Sunriseに入ったところ カテドラルピーク Vogelsangの辺り Merced Lake Merced River


【クライミング編】
ロープは9/12にヨセミテ入りしたUrayamaさん達と遊んでもらいました。
みなさんどうもありがとうございました!!

9/15 Snake Dike
週末である。晴天である。とーぜん、混む。Welcome to Big Party!
取り付き到着時点で3パーティーが登っており、2パーティーが順番待ち。私達は6番目。

あぁぁ~、GeckouやWさんから「楽しい楽しい」とは聞いていたけれど。
これほどとは!大笑いしながら登る。

Dikeは続くよ… …どこまでも 

ところで、この日の一番手パーティー(4人組)がそれはそれは遅いこと遅いこと。
典型的な岩場あるある(⇒人気ルートで最初に取り付くパーティーに限って遅い)で、冒頭の写真の原因デシタ。
このパーティーはHalf Domeのケーブル下降でも渋滞を作っていたのよ…


そうそう、Curry Villageで長く閉鎖されていたエリアのキャビンが撤去されていた。
そーしたら、「こんなんありました~」って感じでいくつかボルダーが…
元々あったのかな?さっそくあちこちチョーク付きー


<おまけ>
一日だけ山火事の影響大の日が。
Clear Day Smoky Day 同じ場所から。何も見えん


ヤレヤレ、今年もよく遊びました。

(とみづか)

スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

仁寿峰やっとこピーク

Category : 山行記録
アライBです。
韓国に行ってまいりました。

今回のチームは、皆様のお休みの関係で、10月3日~7日のWさん、Mリン、そしてわれらがスーパーGの3人と、10月5日~8日のアライA、B、カヨさんの3人に日程がずれておりました。そのため、みんなで一緒に登れるの6日だけ。

私、今まで2回仁寿峰に取り付きましたが、どちらも天気が悪くて途中敗退。一度もてっぺんに行けたことがありません。「10月は天候いいのにおかしいね~」と、山小屋の李さんにも首をかしげられました。
そこで今回は、仁寿峰つねに快晴チーム、WさんとMリンとご一緒させていただき、その神通力にのっかって、てっぺんを目指すことに!!

ちなみに出発前の天気予報。ソウルは6日まで晴れ。7日は台風直撃の恐れ・・・。じぇじぇじぇ~!!!

ともかく、Wさん達といる間は大丈夫!と気を取り直して岩場にむかいました。
IMG_0423.jpg


あ~・・・初めて見る青空の下の仁寿峰・・。白くて美しい・・・。そしてこんなに人が取り付いてるのも初めて見たよ!

今回は、コードックウィキルリッジという、東面フェースと仁寿リッジの間の短いリッジを登ります。
スーパーGはすでに2日遊びまくりお疲れだったので、この日は白雲山荘周辺のハイキング。WさんとMリンチーム、アライAB、カヨさんチームで登ることに。

人気のリッジゆえ、案の定取り付きは人だらけ。ですが簡単なせいか、みなさん結構どんどん登っていかれるので、思ったほどは待たされずに取り付けました。
IMG_0425.jpg

久々のでかい壁(岩?)で最初はびびりましたが、慣れてくるとワシワシ登れて楽しい~。
クラックもチムニーも登りやすくて楽しい~。
(・・と、えらそ~にいってますが、アライAにリードをまかせ、私とカヨさんは後ろをへらへらくっついていったのでした。いつものことか!)
IMG_0428_20131022152900b36.jpg

一度フェースで滑りましたが、下にいた地元のおじさんが足を支えてくれました。かむさはむにだ~。

11時半ごろ取り付いて、14時半ごろてっぺんに到着!
IMG_0429.jpg


3度目の正直でたどり着いたてっぺんは、思ったよりせまかった。

・・・そして、ここからが苦行でした・・。

まあ、あれだけ取り付いてましたから当然ですが、案の定、懸垂地点は激混み。折からの強風の中、かなりの時間待たされました。
台風の影響なりこの風。まさに神通力のせめぎ合い!!寒い!!寒いよ!!

その上、待っている場所はセルフビレイを取らないとおしりがむずむずするようなスラブなのに、地元クライマ-の皆さんはフリーですたすた歩いてる・・・。ああっ!見てるこっちの心臓がイタイ!!イタイよ!!!

やっとこ懸垂を始めれば、風にあおられて自分のロープは重いわ隣のロープは流されてくるわ、回収ロープはクラックにはさまるわ・・・。

無事おりたときにはすっかりおなかいっぱいで、
「明日晴れても、もう登んなくていいです・・・。」
と、宣言してしまいました。

でも、てっぺん行けてよかったです。
WさんMリン、ありがと~。



・・・で、翌日から観光三昧さっ。
IMG_0434_20131022152203356.jpg


山行一覧(2013/7/9-10/9)

Category : 山行一覧
逐電していました。すいません。留守中の山行一覧、3か月分一気にいってみよ~

いつ?
どこ?
だれよ?
ひとこと!
7/13-15
南ア縦走
赤石岳~聖岳
きゃろ
他 4名
今回は度重なる不運。酷い車酔い、右の瞼をアブに刺されて腫れあがる…
7/14
西丹沢
マスキ嵐沢
U-AB
無事に下山しました!
7/14
荒井A、かよ
他3名
リードしかしない宣言がされた岩場で
の~んびりリードクライミング
7/15
赤城山 黒桧山~赤木神社
荒井AB、かよ
他2名
かよさんの富士山登山に備えて
みんなで応援トレーニング
7/14-15
金峰山
小川山
たけぽん
金峰山に登って、翌日は小川山で
ボルダリング
7/20
日の出山
(金毘羅尾根)
スーパーG
他1名
マッチの富士山登山に備えて
スーパーGが指南役??
7/20-21
鹿島槍~五竜
U-AB
予定通りにしっかり縦走
7/20
米子沢
下ちゃん、他4名
天気も良くて、最高でした!
7/20
小川谷廊下
ほそや~ん、荒井A
大変申し訳ございません。無届け山行下山報告。
7/20-21
小川山
きゃろ、他
アルパインな感じのルートで手のひら大の石が取れてしまう。仕方なくチョークバッグに無理やり入れて登ったけど、超邪魔
7/27
丹沢 高松山
かんちゃん、他0.5名
雷がなっていて、少し雨に降られましたが無事でした!暑いです!
7/28
鎌倉
きゃろ、他
20Kのトレラン
8/1-5
剱岳 八ツ峰
源次郎尾根
U-AB
剣の八ツ峰ほかですが、無事に下山しました。
8/2-4
槍ヶ岳
北鎌尾根
たけぽん、他2名
ルーファイミスで大変でしたが、晴れで、よかったです。
8/4-7
小川山
とみ、他3名
やっぱり平日って空いていていいわぁ。
とは言え、2日連続で一時間半位のゲリラ豪雨があり、ぶったまげました。
8/8
利尻岳
しもやん、かんちゃん
他0.5名
利尻岳少しだけRyoも歩きました。
携帯が変な音しています。
8/10
十里木
たけぽん
暑すぎて水遊びになってしまいました。
8/10-11
かよさん、他2名
お盆で道路も渋滞してたけど、登山道の渋滞にはビックリを通り越して呆れた。
8/10-11
下ちゃん、他2名
天気にも恵まれ、たのしかったです!
8/11
富士五湖 西湖
きゃろ、他4名
トップロープや懸垂下降の支点構築、擬似リード、リード練習など盛り沢山でした
8/11
丹沢
火打沢
荒井B、ほそや~ん
他1名
あまり人が入らない沢は、ルーファイとかが一々おもしろく、結構苦労しました。
8/13-14
安達太良
かよさん、とみ
他3名
安達太良ボルダー、すんげぇー楽しい。
ダイナミックムーヴとカチカチのほどよいミックス。沢遊びもできます。そして野趣あふれる温泉!あー、また来たい。
8/14-17
源次郎尾根
チンネ左稜線
(A)ほそや~ん
(B)下ちゃん、他1名
(A)次回はテント持って行きましょう!
(B) 今回はいろいろトラブル?もありましたが、天気にも恵まれ楽しい山でした。
8/23-
9/20
アメリカ
ヨセミテ他
とみ
9/6にヨセミテに入り、3日半で80㎞ハイキングしたり、Snake dikeを登ったりして来ました。
バレー内では山火事の影響は限定的だったよ。
8/25
丹沢
勘七の沢
た~むら、せんちゃん
他1名
小川谷の予定でしたが天候不良の為、
勘七の沢に転戦しました。
8/26-29
北鎌尾根
きゃろ、他
西穂までの縦走予定でしたが、北鎌沢で足を捻挫してしまい断念。槍ヶ岳から上高地に下山
8/30
越沢バットレス
下ちゃん、他1名
 
9/1
西丹沢
小川谷
た~むら、他1名
セノド沢から小川谷に転戦しました
9/9
下ちゃん、ほそや~ん
三つ峠、無事に終了しました。
 
9/13
湯河原
きゃろ、他
アリババ周辺で登りました。
9/14-15
小川山
た~むら、せんちゃん
他2名
15日は雨のため早めに下山しました。
9/21-22
平標山
巻機山
た~むら、せんちゃん
山スキーの下見です。
9/22
安達太良
かんちゃん、他0.5名
くろがね小屋では、Ryoは勝手にあがっておこられたりしましたが、最後は霧で幻想的!下山後は、温泉とプールで満たされました!
9/22
天王岩
スーパーG、かよさん
他2名
カムの練習、いい感じでできたかな。
帰りのバスは渋滞で1時間かかった。
9/22
城山
きゃろ、他
捻挫の調子があんまり良くないので微妙な成果でした。
9/23-24
西穂高
荒井AB
他大人4名
子供2名
どっかのテーマパーク並みの人の入りで、独標に登るの30分待ち。他、諸々の事情で西穂のピークにはたどり着けませんでした。紅葉がちらほら始まってましたよ。
9/29
谷川岳
南稜
下ちゃん、ほそや~ん
南陵無事に終了しました。
9/29
日和田
荒井B、かよさん
昼頃には撤収し、巾着田に曼珠沙華を見に行きました。真っ赤っか。
10/7-8
前穂高
北尾根
きゃろ、他
涸沢の紅葉も美しかったし、富士山と周りの山をはっきり見えるくらい晴天だったし、北尾根も面白かったし、全体的に素晴らしい山行でした。
10/5-8
韓国
仁寿峰
荒井AB、かよさん
6日に仁寿峰でクライミングして、お天気もいまいちだったのであとは観光してました。3回目の仁寿峰ではじめててっぺんに行けたよ~!
ちなみにスーパーGは3日から7日まで初仁寿峰。

(とみづか)

雁峠の週末

Category : 山行記録
20131006_05.jpg


【日程】2013年10月5~6日
【場所】奥秩父 雁峠
【メンバー】河井さん、下山(記)

特に予定のない週末。
こんな家に閉じ籠っているのもなんだな~と、カワイさんと何度か通っている「雁峠」へ。
まあ、車をスタートしてからどこにする~?ってなんとなく決めたんですが。

作場平橋駐車場から、のんびり歩いて2時間で到着。
20131006_06.jpg

特に笠取山山頂に向かうわけでもなく、ちょこっと酒を飲んだりしてまずは昼寝。
目を覚ますとまだ明るい。
源流の水を汲みに行って、またプチ宴会。
我が家の庭のゴーヤとみょうがを塩もみしたつまみなんぞを食べつつゆっくり酒を飲み、ぐだぐだと話しているうちに時間が過ぎていく。
まあ、河井さんは酒を飲まないので、酔っぱらってるのはわたくしひとりですが、いつもつき合ってくれるのです。
20時頃にはシェラフに潜り込んで寝る。

翌朝は6時ごろ目を覚ます。あ~よく寝た。

まだ霧の中の雁峠をサンダルでぶらぶらする。
20131006_03.jpg

起きだした河井さんと峠の立派なベンチに移動して、コーヒーを淹れる。
20131006_01.jpg

下りも1時間半もあれば着くし、急ぐことはない。
朝食をゆっくり食べてから、帰る。

雁峠からの景色
20131006_02.jpg

20131006_04.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。