山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北西稜ふたたび敗退・・・

Category : 山行記録
2月に敗退した北西稜にふたたびトライしてきましたが…。
【ルート】 阿弥陀岳北西稜
【メンバー】下山、小川さん(杉並労山)、Iさん(神田山の会)
【日程】  2012年3月24日(土)~25日(日)

3/24(土)

今回は当初のメンバーの仕事の都合などあり、急遽杉並労山の小川さんと初めてお会いするIさんとご一緒することに。

金曜の夜から雨の予報なので、日曜の朝6:00に新宿集合で出発。
高速ではくっきりと美しい虹がかかり、雨が降り始める。
美濃戸口までほとんど雪がなく、赤岳山荘の駐車場までIさんの軽自動車で入ることができてラッキー!

美濃戸山荘からのアプローチは凍っていて、アイゼン装着。
途中で南沢小滝を寄ると、なかなか良い感じに成長していて、ぼこぼこと登りやすそう。
今回は雪も降っていたのであきらめて、行者小屋へと向かう。

このところ暖かかったせいか、シャーベット状の雪の上に水が流れている状態の場所に行く手が阻まれるが、枯木を渡して渡渉する。行者まで、めずらしく踏み跡もない。
昼過ぎに行者小屋のテン場で幕営して、宴会開始!
夕食は小川さん担当で、生野菜たっぷりの餃子なべで栄養満点!
おいしかったです、ごちそうさまでした!!

3/25(日)
4:20に起床。
明るくなってきた6時頃に出発。

アプローチには新しい踏み跡があり、ありがたくついて行くと大阪からの4人組のパーティーに追いつく。
途中から先に行かせてもらい、小ピークには8時前には到着。
アプローチ 晴れてれば見晴らしの良い稜線 小ピークに到着

雪が降って視界もいまいちだが、前回ほどの風ではない。
しばし準備して、ロープ持っていくのもなんなので、一応コンテで雪のリッジを歩く。

下部の岩場に到着して、斜面の木でビレーしてもらい、9:00頃下山リードでスタート。
左の稜線沿いに進むが、いくつかのブログで見たとおり支点がなく、なんとなく岩にスリングをかけるだけ。
右の雪面に行きたいのだが、ちょっとのトラバースが悪そう。
やはりリッジ沿いか?と登りかえしたり、風が強いとしばし安定した場所に戻って待ったりしていると、難しくはないのだが「う~ん」と思い切れず、時間がかかってしまう。
ベルグラ使ってちょこっと思い切って登ると、その後はしっかりホールドも出てきて傾斜もゆるくなり、えびのしっぽが出てくると歩けるようになり、リッジの安定してきたところで岩にスリングをかけて支点を作る。

途中でピッチを切ろうとしたり、風で流れたロープが引っかかったり、すったもんだまぬけなことをしていたので、結局ここだけで1時間以上かかってしまった。

2人はさくさくと15分ほどで登ってきたが、このピッチだけで1時間半もかかってしまい、時間は10:30頃だったかな。
安定した雪面のほうにIさんに回ってもらうと、ハーケンが2本あり、メンバーそろったところでカムで補強してそちらに支点を移す。
Iさんは、「途中のえびのしっぽあたりでもハーケン見つけたよ!」とのこと。

さてさて、ここでしばし相談。
Iさん「これじゃ時間かかって、夜になっちゃうよ」
下山「う~ん、確かに時間かかりますね~・・・」
Iさん「鼻が白くなってるよ、凍傷じゃない?」
下山「う~ん、小川さんはどう?」
小川さんは登りたそうだが「・・・」
下部岩壁から撤退 上部岩壁がうっすらと見える

今回はここまでで撤退することにして、1ピッチ懸垂下降で取り付きへ。
はいはい、さっさと撤退しますよ

下り始めると、前回もお会いしたクラのチームが登ってきて、Tさんと状況などお話する。
その後、テントを撤収し始めると、おふたりとも「悔しい~!」と話もつきない様子。

「ま、温泉でもいきましょ!」と、昨日とは打って変わってしっかり"道"ができている美濃戸までの道のりを下るのでした。

同じ時期の3月に登ったマモメンバーの記録だと、フル装備かついで3時間半ぐらいで登ってしまっている。
やっぱりなかなか追いつけないな~。
スポンサーサイト

2012年春のお祭りのお知らせ

Category : お知らせ
マーモット 2012年『春のお祭り』のお知らせです。

--------------------------------------------------------------------------------
【日時】 4月7日(土) 午後6時宴会開始
    ※マーモット総会も行います。
【場所】 湯河原幕岩「しとど庵」
【参加費】5500円(夜の宴会、「しとど庵」の岩風呂と宿泊費および朝食付きです)
--------------------------------------------------------------------------------

時間のある方は、7日(土)の昼と8日(日)幕岩でクライミングをしましょう!

email_icon.gif参加希望の方は、4/5までにご連絡ください!

ひがしにあるおね 谷川

Category : 山行記録
R_P3040005.jpg

あー、もう登ったってことにしてもらってもいいかなぁ。両足で立たなかったからダメかなぁ…

【日  程】 2012年3月4日(日)
【メンバー】 とみづか
当初の天気予報は思わしくなかったが高気圧がハリキリ始めたので、月光さんとのジム約束をドタキャンして土曜日夕方から谷川へ。

日曜は快晴無風。気温が上がりそうな気配が気になったもののまあいいだろう。
東尾根には2人組が3パーティーと6人位の1パーティー。第2岩峰から先行させてもらう。
2~3日前と思われるトレースがあり助かったが、昨日の降雪だろう、足首上まで潜るサラサラ雪が鬱陶しい。
第一岩峰が近づくにつれて気温が上がり始め、サラサラ雪から一点団子雪へ。さらに歩きにくい。

稜線の雪庇を越えて頂上へ。は、上半身のみ。その後はマチガ沢を急降下。
オキの耳にいたたくさんの登山者の人たち、驚いただろうなぁ…
ご心配かけてすいません。無傷です。


達ちゃんからもらったバイルがなくなっていた。
私が怪我しないように身代わりになってくれたのか、或いは「おまえ!大概にしろよ!」の没収だったのか。

ちぇっと思っていたら翌朝明るい声で電話が。
「バイルはちゃんと登頂したみたいですよ~!」
頂上に突き刺さったままのを誰かが登山指導センターまで持って来てくれたそうである。
届けてくれた方、本当にどうもありがとう。

さて、大事なバイルを迎えに行かねば。
私のところに帰ってくるということはまだまだ登れってメッセージだな。


(とみ)






大谷不動

Category : 山行記録-氷-


【日程】2012/03/03~04
【場所】大谷不動
【メンバー】スガワラさん、オガワさん、ユウコさん、スズキさん、イノマタさん、シモヤマ

3日(土)
須坂青年の家を抜けて、スキー場のリフトの上へ。
ここでスノーシューをはいてスタート。
20分ばかりのところで幕営して、1時間ほど歩くと小屋に到着。
装備を準備して、10分ほどで不動裏F1へ。
F1はいちおうロープを出して、F2へ。
左はリード、右はスガワラさんリードでトップロープを張っていただく。

夕方まで遊んで、ヘッテンをつけて幕営地へ戻る。
夜はすき焼きで、たっぷりの肉を堪能。
スズキさん、いつもご馳走様です!

4日(日)
本日は本流へ。
F2は「鳥が飛び立とうとしてそのまま凍りついたよう」という表現がぴったりな滝。
イノマタさんリード、スズキさんとシモヤマフォロー。
1ピッチ目は出だし水に濡れつつのぼり、滝を乗り越して少し左側にある木に残置スリングがある。
2ピッチ目もイノマタさんリード。

スガワラさん、オガワさんは右壁の氷瀑を登る。

その後、スガワラさん、スズキさん、イノマタさんは左岩壁右ルートを登ったのかな?
残った、オガワさん、ユウコさん、シモヤマは本流F2をそれぞれリードして本日は終了。

皆でリードできて、なかなか満足な山行なのでした。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。