山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苔しっとりの天皇岩

Category : 山行記録
おつかれさまです、下山です。

週末は小川山!と楽しみにしていたのですが天気予報は雨。
梅雨だから仕方ね~な・・・ということで、近場の天皇岩に登りに行きました。
【場所】天皇岩
【日程】2010.6.26(土)
【メンバー】田村さん、仙田さん、天田さん、竹重さん、下山


朝の電車で既にポツポツ降っていたのですが、武蔵五日市についたころにはなんとかもっています。

岩場はさすがに人が少なく、下の岩場でアップすることに。
が、苔むした岩は虫さん達もいっぱい!
5.8とはいえ、油断するとつるつると足はすべり、皆アップになりません・・・
天皇岩の写真1 天皇岩の写真2

5.10台にとりかかった昼過ぎには雨が降り始め、大慌てで撤収。
ちょうどバスにも間に合って(これを乗り過ごすと2時間来ない・・・)瀬音の湯で汗を流して帰るのでした。
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

中央稜で谷川デビュー

Category : 山行記録
ガスの中の一の倉 さあ、出発!
中央稜もガスの中 ラッシュアワーの南稜


【場所】谷川岳一の倉沢衝立岩 中央稜(下降は凹状)
【日程】6月12日(前夜泊、翌日帰宅)
【メンバー】荒井代表、恭子さん、富塚さん、田村さん、天田さん、仙田さん、西尾さん、下山
(ハイキングなど)阿部さん、遠藤さん


まだ書き込み中です。とりあえず、写真をアップしときます。誰かいろいろ追加して!!!

代表チームが先行 きれいどころの反対語です きれいどころです!

メンバーは代表・キョウコさん・西尾君の先行チーム、続く下山・田村さん・竹重さんの男チーム、南稜に行ったもののあまりの混み具合に戻ってきた、富塚さん・天田さん・仙田さんの綺麗所チーム!(笑うところじゃあないよ!by富塚さん)

さて、ワールドカップに夢中でなかなか筆が進まない田村です。スミマセン。
遅くなりましたが一の倉沢衝立岩中央稜報告します。

フォローで登る田村さん ビレー中のキョウコさん

6/12土曜4時起床。ちゃっちゃっと準備して出発しますが、こちらが起きた時点ですでに山に向かう人多数。そして一の倉は霧の中。初一の倉、不安いっぱいでスタートです・・・

フォローで登る竹重さん リードする竹重さん 渋滞待ちの中央稜取り付きをバックに・・・

雪渓→テールリッジ→中央稜取り付きと順調に進み(この頃には晴れてきた!)、荒井さんチームが3組目、男チームが4組目、南稜の20人待ちを見て戻ってきた綺麗所チーム!は8(9?)組目で登り始めます。

到着の図その1 到着の図その2
到着の図その3 到着の図その4

我が男チームは下山さん、竹重さん、田村の順でリード。
さあ、初本チャンですが、これは楽しいです♪越沢に連日通った成果なのか、気持ち負けすることも無く快適クライミング。なんか、私がリードするルートはイイ感じのところばっかりだったし、草付きばかりだった竹重さん申し訳ないね~

荒井さんチーム、男チームはローソク岩(かな?)を左に巻くルートを取って合計9ピッチ登って終了。綺麗所チーム!は正規ルート通りに衝立の頭に出て終了。と、登り終わった時点で終わった気がしていたのですが・・・さあ、ここからの下降が大変。

同ルートの下降はまだまだ登って来る人がたくさんいるので回避。凹状岩壁の懸垂下降を選択したのですが、自分たちだけでも人数が多く時間がかかり、中央カンテからは落石いっぱいだし、私ごとですがちょっと登り返したり、最後の2ピッチは懸垂の先頭になっちゃてビビッたり、中央稜取り付きに戻ったときにはそれはもうヘロヘロ。

凹状を下降中・・・落石多し! テールリッジを下る
ビールで乾杯!

その後も無事テールリッジ→雪渓とクリアして阿部さんと遠藤さんが待つ出合になんとか到着。この時すでに16時!?(時間かかったなー)そしてなんと冷たいビールの差し入れなんかがあったりして、今日一日の健闘を讃え合い初一の倉が終わるのでした。


今回、新人5人が本チャンデビューするにあたり、いつもいろいろ教えてくれたり、練習にお付き合いしてくれたマーモットの皆様、ありがとうございました。本当に感謝です。
これからもがんばります


写真追加(とみづか)
■落ち着いて登れました           ■テールリッジ下降中。あと一息だよ
よゆーです テールリッジ下降中

■龍鳳のお2人からの差し入れをいただきました。ありがとうございました!
カワハラさん、コマツさん&ご機嫌の阿部さん


テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

衝立A字ハングには鳥の巣

Category : 山行記録
雲稜二人用テラスから左上する浦山さん

GW後に浦山さんに「衝立に行かない?」と誘ってもらい「行くっ!(ダイレクトカンテってことはないだろうから雲稜かな~)」と即答
「じゃあA字ハングね」
「…へっ?えいじはんぐ?わたしのぼれるの?」 

【日  程】 2010/6/8 (前夜発)
【場  所】 谷川 衝立岩A字ハング
【メンバー】 浦山さん、とみづか

4:45に出合出発。一ノ倉は昨夜の満点の星空から一転してガスの中。それでも快調に雪渓を詰め、30分もかからずにテールリッジを2/3まで登る。雪渓が良い具合に残っており、冬と同じ場所からテールリッジに取り付けたので超早かった~

衝立は相変わらずガスの中。なのでここで天気待ち。その甲斐あってか一時間半程でガスが上がり始めたので行動再開。テールリッジを登り切るとすっかりガスは上がり、衝立の全容がバッチリ。

7:00衝立スラブをトラバースして登攀開始。やっと衝立に触るときがキタノダ!く~っ
雲稜の二人用テラスから左上してA字ハングに合流するルートを取ったが、雲稜は「クライマーズハイ」撮影のお陰か真新しい支点が目に付く。

が、A字ハングに向かい始めると「あれ~?」さらにグズグズ岩が追い討ち。浦山さんでさえ結構大変そう…

フォローでノコノコ登り始めると、びぇ~、悪いのなんのって
ビレイ点の直前には半畳ほどのペコちゃん岩(叩いたらペコペコ乾いた音がした)を両手を目一杯広げて両足全開、つま先を頼りなさ気に岩にへばりついた掌ぐらいの土の上に乗せて”体重をかけずに”トラバースするのである。全く生きた心地がしなかった。

たどり着いたところは「これビレイ点なの?」状態(後でわかるがこればまだ良い方だった)。気を取り直して、A字の右下を目指す次のピッチに取り掛かるが、A字ルートへのトラバースがまた悪そうなので本庄山の会ルートを少し登ってみることに。ところが2ピン目で浦山さん「あ、抜けた…」

と言う事で悪いトラバースから本来のルートに入ったが、A字ルートはそーとー悪かったようである。以下、リードの浦山さんとビレイするわたしの独り言。

「うわ~わるいっ」     (ひぇ~)
「これじゃいくら時間があっても足りないよ~」     (ひぇ~)
「あぁ、木がっ、木が抜けるぅ~」     (ひぇぇ~)
「あー、死ぬかと思った」     (びぇぇぇ~)

それでもやはり浦山さん。きっちり登り切り、私に登って来いと言う。渋々準備していると
「とみちゃん、待って。トラバースしたビレイ点で待ってて。A字の抜け口のピンが抜けてる。鳥が巣を作ってるよ~。これダメだ。回収しながら降りるよ」

ホッとしたようなちょっぴり残念なような気持ちでビレイ点に行くと、なにコレ?
「ビレイ点ってこれのこと~?」「そう、しっかりしたのがあるでしょ~」「…(ここハンギングなんですけど)

りっぱな支点…

2ピッチの懸垂で取り付きのバンドに帰着。しかし、2P目に懸垂した支点もすごかった。スリングがバリバリ…その脇で喜んでいる人が…
これで懸垂なのに笑ってる…


今週末はいよいよ谷川デビューのマモメンバーがいるね。晴れるといいなぁ。
テールリッジはこうやって登るんだよぉ~
待ち時間にふざけている人


(とみづか)

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。