山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海金剛 快晴のSuper Rain

Category : 山行記録
千貫門の向こうには富士山が見えていたのですが…

【日程】2009.1.24(土)~25(日)
【目的地】海金剛 正面壁 Super Rain
【メンバー】泰平さん、大塚さん、富塚さん、下山

金曜の夜に集合して出発。深夜に土肥の公園で車を停めて、小宴会後就寝。
翌朝、すぐそばに足湯があり、肌が赤くなるほど熱い湯に皆でしばし浸かる。

1日目 
雲見オートキャンプ場から山道を歩くこと30分ほどで左壁が、懸垂下降して海岸に降りる。
草の生えた稜線の端を乗り越えると左に正面壁、右に剥がれ落ちた岩がゴロゴロした海岸で、映画やドラマのワンシーンに使えそうな景色。

富士山をバックに出発! アプローチの懸垂下降 正面壁下は良い景色

取り付きを探すのに少し手間取って、11時ごろにSuper Rainに取り付く。
今回は、泰平-大塚チームと、富塚-下山チームに分かれて、基本的にエイドの練習と軽く荷揚げも行う(予定…)。

正面壁を見上げると 2ピッチ目にとりかかるオオツカさん 眼下には海が広がり…

1ピッチ目は、泰平さんトップ。木が多い凹角沿いに登る。

2ピッチ目は、大塚さんトップ。途中のトラバースを直上しようとしてちょっと苦戦。ルートに戻って右にトラバース。ここはユマールで登ると思いっきり振られそうで怖かった…。

3ピッチ目は、先行チーム交代して下山トップ。どんどん左にトラバースしていくが、本当にこっちでよいのかな?と迷いながら進む。初めてハーケンを打ち、良く効いてホットする。途中のブッシュでビレー支点をとるが、ふと見上げると束になったスリングのかかった松の木が…。富塚さんに続いて泰平さんがリードで登ってくるが、私がビビリながらソロソロと登っていたところをとことこ歩いて進んで松の木へ。今日はここまでで、Fixロープ2本張って下る。

4ピッチ目ビレー支点から見上げる ざっぱ~んと波の音が響く 駿河湾の夕日を見ながら…

心配していた風が強さも登り始めるとそれほどでもなく、押し寄せる波の音を聞きながら陽光を燦々と浴びてビレーをしていても心地よい。思ったよりも岩の状態も良く、遮るものの無い水平線を眺めながらのクライミングに、こんなに良いところだったんだ~と皆大満足。

夜は松崎の街へくだり、いろいろとお店を迷いながらも釜飯屋さんに入るとなかなかこれが当たりで、おいしい夕食を堪能。ご主人に近くにお風呂はありませんか?と尋ねると、わざわざ電話で入れるかを確認してくれて、「すぐ近くで600円で入れるところがあります」というので、そちらに向かいます。こじんまりした民宿を想像していると、「御宿 しんしま」という思いのほか立派な建物の宿で、ゆっくりと汗を流すのでした。

遮るもののない水平線

2日目 
6時前には起床、7時には出発、8時過ぎには「今日は上まで行こう!」と富塚-下山チーム先行でFixしたロープを登り始めます。

4ピッチめを登るトミヅカさん 5ピッチめの取り付きから 6ピッチめの取り付きから下部城砦

4ピッチ目は、富塚さんトップ。まだ壁には陽が当たらず寒い…。途中、大きなフレークが浮いてて、ボコッと音が…「ヒェ~~~」と言いながらもブッシュのはえたテラスへ登っていきます。

5ピッチ目は、下山トップ。エイリアンかナッツぐらいの先人クラックが続きます。気がつくと1mおき?にプロテクションを取っていて、泰平さんから「そんなに入れてちゃ先まで持たないぞっ」と言われて、少し間引きながら登ります。

6ピッチ目は、富塚さんトップ。このテラスからの眺めが素晴らしい。陽も登って暖かく、のんびり海を眺めながら過ごしていると、「あっ!」と大塚さんの声が聞こえてきます。心配になって下を覗くと、ナッツが外れたようですが、もう一方のプロテクションのディジーチェーンで止まり、ハングに果敢に挑んでいる様子でホッとします。

テラスから見下ろすと… 下部城砦を登るトミヅカさん 先人クラックを登るオオツカさん

7ピッチ目は、下山とことこ歩いて上部城塞に取り付きます。5.8とは思えないワイドクラック?を抜けたところで、プロテクションとれないな…と迷っていると、なにやら泰平さんの声が聞こえてきます。3時を過ぎていて、今日もここまででタイムアップ…。

駿河湾の夕日を見ながら… 太陽に吼えろ!

時間短縮には経験を積むしかないな…と、他にも課題が具体的に見えてきて、楽しくも身のある2日間。
「次のシーズンにでも今度はフリーで来よう!」と盛り上がるのでした。
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

越沢バットレスでトレーニング!

Category : 山行記録
おつかれさまです、シモヤマです。
先週の錫杖岳で見えてきた諸問題を解決すべく?今週は近場でオーツカさんとシモヤマでトレーニングしようと越沢に向かうことにします。こないかな?と思ってたタイヘイさん、トミヅカさんに声をかけると、何故か参加。。。
【場所】越沢バットレス
【日程】2009.1.18(日)
【メンバー】オーツカさん、タイヘイさん、トミヅカさん、シモヤマ

オーツカさん-シモヤマチームとタイヘイさん-トミヅカさんチームに分かれてトレーニング開始。
オーツカさん-シモヤマチームは、リードと荷揚げ、ユマールと荷揚げフォローを再確認。
第2スラブを登るオーツカさん ユマールは汗かくね~ コツをつかむと汗かかないね!!
第2スラブと右の滑り台を登り、最初は荷揚げシステムの確認やら、ユマールのコツがつかめず時間がかかっていたものの、最後にはそれぞれ何となくコツをつかんで終了。
タイヘイさん-トミヅカさんチームは蜂の巣ハングあたりでエイドの練習。

3時半ぐらいには終了して、いつもの鳩美に行くとちょうど店じまい…。
どうしようと駐車場出口の中華屋?に入ります。
最初は宝焼酎が雑然と並ぶカウンターを目にして、なんだか大丈夫かな…メニューもめざしとか寒いけど冷奴?なんて思っていると、ビールを2本頼むと大盛りの漬物が到着。
おーと喜んでいると、頼んでないのに大盛りのかぼちゃの煮つけにきんぴらゴボウが並び、旨い!
これに一気に気をよくした一同、宝焼酎1.8Lを頼み、「テキトーにフライを!」と注文すると、牡蠣フライとヒレカツとイカ2種とキャベツが山盛りででーんと登場。
銀杏にラーメンに…と食べまくってお会計ひとり1,600円ほど…確かに注文した品だけを合計したらあってるかもしれないけど、あのボリュームでお通しも全部タダ???

良い感じになってきたおとーさん達 ボトルキープしましたヨ!
皆大満足で帰路につくのでした。で、宝焼酎はボトルキープ!

→続きを読む

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

雪の錫杖岳

Category : 山行記録
錫杖の壁から雪景色

【目的地】錫杖岳
【日程】 2009.1.10-12
【メンバー】泰平さん、大塚さん、富塚さん、下山

1/10(土)-曇り時々雪
~3ルンゼ(途中時間切れ)~
前夜の9日(金)10時に明大前に集合。新穂高温泉の駐車場にて小宴会。
6時に起きだして歩き始めます。
ただいま準備中 またラッセルか~ 
ずっと膝下ぐらいのラッセルで、クリヤの岩小舎?に到着。
テントを設営してここから宴会か…と思いきや、今回の我々は一味違います。
宴会はお預け… 壁への急登 3ルンゼ
前衛フェースへと急な斜面を登り、 3ルンゼに取り付きます。
1~2ピッチ目はほぼ雪壁となっていてそのまま登り、途中で大塚さんがスクリューで支点をとる。
2ピッチ目から下山リードします。
チムニーの抜け口までは何とか残置支点は使わずに…と思っていたのですが、さっさとエイドしてそれでもだいぶ苦労して(スリング引っかかって戻って取るのに落ちてしまったり…)抜けます。
ビレー支点を作ろうにも、良いポイントが見つからず、ハーケン2本とスタンディングアックスビレーで気持ちバックアップという状態でビレー。
泰平さん、富塚さん登ってきた時点でタイムアウト。暗がりの中テントに戻ります。

1/11(日)-晴れ時々雪
~左方カンテ(途中時間切れ)~

朝焼けを背に出勤! 出勤風景? 左方カンテへトラバース
富塚さんがずっとリード、大塚さんフォロー、泰平さんと下山はユマールで登って交代しながら荷揚げ。

登攀開始! 壁を巻いてラッセル 今日の核心かな
 
3ピッチ目で壁を巻いて雪面を登り、4ピッチ目でタイムアウト。
今日はここまで お疲れ様~


1/12(月)-雪
~3ルンゼ(取り付き敗退)~

だんだんと朝の準備も手際が良くなり、4時過ぎに起きて5時半には出発、小雪の舞う中を壁へと向かいます。
今日は2チームに分かれて、時間を決めて登れるところまで行くことにします。
夜明け前に取り付きに到着すると、登れないことは無いけどきっと楽しくは無いな…という微妙な雪と風。
「これくらいの天気じゃあ、止める理由にはならんな!」といつもと違うリーダーの掛け声に3ルンゼに取り付きますが…バーン、バーンとたて続きにチリ雪崩とたまにブロックもゴロゴロと落ちてきます。
即行で「撤退!」となり、さっさと下ります。

帰りは、竜島温泉で汗を流し、わたなべで蕎麦がきやもりなどなど「うまいうまい」と大騒ぎして帰るのでした。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

2009年お正月 ジャンダルム飛騨尾根(の途中まで)

Category : 山行記録
1月3日朝、ジャンダルム方面

とみづかです。お正月山行はジャンダルム飛騨尾根に行って来ました。2008年(明神東稜)2007年(一ノ倉尾根)に続くラッセルシリーズ第3弾、ついでに途中敗退も恒例 来年はなんとかしたいなぁ~。

【日程】 2008.12.30 Tue ~ 2009.1.3 Sat
【場所】 ジャンダルム飛騨尾根
【メンバー】 タイヘイさん、オーツカさん、とみづか


2008.12.30
数日前から乗鞍にスキーに行っていたオーツカさんと13時半過ぎに松本駅で合流。新穂高温泉に向かうが、途中、稲刻にあるタイヘイさんお薦めの”蕎麦わたなべ”で昼食。2008年GWツアー明神東稜の際にタクシーの運転手さんに教えてもらったお蕎麦屋さんだそうだ。お蕎麦は勿論、サービスで出される山盛りの漬物が美味し~ぃ。さらに、新穂高温泉手前にある栃尾温泉「荒神の湯」に浸かり、ビール片手に鋭気を養う。車中で小宴会、就寝する頃には雪が積もり始めた。


2008.12.31 曇り時々晴れ
8:00 新穂高温泉 - 9:00 穂高平小屋 - 10:00 白出小屋 - 14:00 白出沢 重太郎橋手前

朝起きると10cm程の積雪。白出小屋まで快調なペースで歩く。槍平方面への林道と分かれてからのラッセルを覚悟していたが、予想外のトレース。飛騨尾根の先行パーティーがいるかとウキウキしたが、1時間強歩いた所でトレースがなくなりがっくり。それでもかなりの時間と労力を節約することができて助かった。

よし、行くじょ~ やっぱりラッセルだよねぇ・・・

トレースが消えてからは膝上のラッセルとなり、とみづかがワカン装着。13時過ぎ、前方に白出大滝、続いて飛騨D尾根の末端が覗く。道は沢筋をトラバースする状態に変り、そろそろテン場を探しながら歩こうと話し始めたのが14時頃。上手い具合に第一候補地が見つかり、その先をとみづかが偵察しようとザックを降ろした矢先、オーツカさん「ポール忘れた・・・涙

それじゃあ、支点になる木もあるし、ここにテント設営しようと決定。ストックを支柱にして周囲の木にロープを張り巡らし、スナフキン風のテントを設営。15時にはテントの中に潜り込んだ。2008年の大晦日、五目寿司とお吸物の夕食で一年を締めくくった。

ポールなしでもへっちゃら オーツカさん曰く「テントの中のヒダヒダが幻想的」


2009.1.1 曇り時々晴れ
8:00 重太郎橋手前 - 9:00 飛騨D尾根末端 - 14:00 2,400m付近のリッジ上

スナフキンテントはポールで設営したテントと比べて結露が目立つものの、食事や就寝には全く影響なし。ゆっくりと5時半頃起床して朝食、明るくなってから出発。天気は今ひとつでどんよりした曇り空。沢の押し出しをトラバースして歩を進めるが相変わらずのラッセル。ワカン装着のとみづかがなるべく先行するようにするが、軽すぎてあまりラッセルにはならない。特に、重量系のオーツカさんが苦労しており気の毒。20分ほどで天狗尾根末端付近を白出沢に下りて対岸に渡る。天狗沢を横断してから一服し、D尾根末端に取り付く。

2009年もラッセルから・・・ 白出沢と天狗沢の出合いへ 前方に飛騨D尾根末端

D尾根末端は結構な傾斜。三分の二ほど登った所でワカンでの登りが辛くなり、タイヘイさんトップに変ってもらう。程なく「ワカン外せー」続いて「アイゼン着けろー」の指示。どうやら雪がクラストして硬くなっているらしい。しかし、硬い雪はワンポイントで再びフカフカ雪に戻る。尾根上に出たら多少楽になるかと思いきやさにあらず。ラッセルと急登は続くよどこまでも。まあ、スナフキンテントでも何とかなりそうな場所があちこちにあるし、時折、青空が覗き始めたのは心強かった。

テント設営可能(もちろんポールの付いた普通のテント)とされる2,300mのコルを過ぎると小雪が舞い始め、ルートは細いリッジの斜面をトラバース気味に進む様になる。時間は14時。2,400m付近で狭いながらも何とか3人並んで座れそうなスペースを見つけてテントを張ることにした。タイヘイさんとオーツカさんがテント設営してくれている間にとみづかはルートの偵察。細いリッジの先、広い急傾斜のカンバ帯の手前までトレースを付けて戻る。

今夜は横になって寝れないと思っていたが、整地の甲斐が有ってなんとか3人横になれるスペースを確保。といっても、テントの隅は宙に浮いている状態で、支柱のストックは怪我をしないように末端に布を巻いてから外し、テントの真ん中にぶら下がっている状態。狭いテントの中、ささやかながら新年の夕飯を楽しんで就寝。日が暮れてから、強い風が吹き始める。

寝る時は支柱のストックを短くします

2009.1.2 風雪
8:00 2,400m付近 - 12:00 2,600m付近

朝から風雪。停滞日和であるが、C尾根~ジャンダルム~穂高岳山荘まで一気に抜けるためには少しでも前進しておこうと出発。しかし、細いリッジの樹林帯を抜けて、広い急傾斜のカンバ帯に入るとさらに風雪が強まる。足元の雪も硬くなり、もはや、どこにテントを張れるか?が最優先課題に。下から見上げると何本かの木に囲まれた平坦な場所も行ってみるとそれなりに傾斜があり、雪も硬い。

風雪の中を頑張って登るタイヘイさん

それでも、12時過ぎにはなんとか場所を見つけてテント設営開始。心配をよそに、出来上がったテントは3日間で最も広いスペースを確保できて快適。早々にテントの中にもぐりこみ、お約束の宴会。奥穂~西穂の稜線に近いせいか、携帯もバッチリ繋がり、メールを出したり電話をしたりで時間を潰す。一方、風雪はさらに強まり、お互いの話し声が聞えなくなるほど。

2009.1.3 晴れ
8:00 2,600m付近 - 10:00 2,700m付近 - 16:30 新穂高温泉 - 23:30 明大前解散

時折、強い風が吹くものの、天気は申し分なし。今日は奥穂高山荘まで抜けようと4時起き。なのに出発はいつもの通り8時。今から思えばここで結果は見えていたのかも。とはいえ、「今日はバランシーな登りもあるから」とタイヘイさんはとみづか分の共同装備を一部背負ってくれたりと、抜ける気満々での出発。

D尾根上部。まだラッセルしてます。

広い斜面の先、尾根が細くなり始めるところでC尾根へのトラバースをするのだが、トラバース地点に迷う。一度、戻ってから登り返しているうちに時計の針は10時を指す。ここで「このペースじゃ今日中に小屋まで抜けるのは無理だ」ということで撤退を決める。撤退ついでに、サイクルからいうと好天は今日ぐらいだろうということで、一気に下山する事になった。
ジャンダルムをバックにタイヘイさんとオーツカさん。心なしかホッとした顔?

と言うとあっさりと下山を決めて帰ってきたようだが、タイヘイさんは入山してから3日間ほとんど眠れなかったそうだし、オーツカさんも唯一の重量系でラッセルに苦戦したりで、相当疲れが溜まっていた模様。また、天気は晴れながら稜線では盛大に雪煙が舞っており、相当な強風らしい。あとは3日間かけて登ったところを一気に下山。下山中、こんな所を良く登ってきたなぁとしみじみ。

D尾根上部から白出沢方面を俯瞰 白出沢の岩切道付近。来た時よりも雪が融けてました

新穂高温泉到着後、一晩車中泊して翌朝東京に帰るという案もあったが、結局、竜島温泉で汗を流した後、そのまま帰京する事に。幸いにも渋滞らしい渋滞もない中央道を一路東京へ。家に着いたのは日付が変ってから。



タイヘイさん、オーツカさん、お疲れさまでしたぁ。想像していたよりもなかなか良いルートだったね。リベンジしたい気持ちとあのラッセルをまたやるのはちょっと・・・という気持ちがせめぎ合う今日この頃でぇーす。

記念撮影三連発
タイヘイさん オーツカさん とみづか



(とみづか)

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。