山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静寂谷&ダイワハウス

Category : 山行記録
泰平です。

7月&8月はほぼ毎週瑞牆山に行ってました。
静寂谷に2本(5.10a/5.11b)ルートが出来ました。ダイワハウスは2本とも12以上であたしはお呼びでない(>_<)。

ねじねじ
ねじねじ 2
▲ねじねじのマリリンクラック(「モンローウォーク」^_^;?かな)5.10b?を登る月光1号

夏休みの8/16に奥様同伴の旧コルデ会員、依田クンに出会い、静寂谷に連れて行ったんですが、そういえば彼は青山学院大学山岳部O.Bで山渓&ロクスノ編集長の萩原と同期です。彼らと30年近く前に広島、三倉へ長躯遠征したのを思い出しました。あの頃君は~若かった・・・

と言うことで発表は「Rock&Snow」誌上ということに月光1号と決めてあとは

続く・・・


三倉 のコピー
▲これは上記の翌年また三倉へ行って岩場に全てのガチャをデポした翌日のキャンプ風景
スポンサーサイト

大血川 西谷 ワレイワ谷

Category : 山行記録-沢-
渓流

暑い週末こそ”沢登り!”で、ガソリン高いし近場で行ったこと無いルートを探して、「大血川 西谷 ワレイワ谷」というなんともなまなましいお名前の沢に向かいます。
【目的地】大血川 西谷 ワレイワ谷
【日程】2008.8.2(土)~8.3(日)
【メンバー】河井さん、下山

8/2(土)
太陽寺に向かう国道140号線を走り、取り付きらしいポイントで車を停めて入渓します。
が、何となくトポと違うな~と言いながら進み、なにやら意外に悪そうな滝で高巻きします。
左岸は道路に向かっているので、右岸を登りますがガレた斜面が悪くて左岸の道路よりも高~く登ってあまりに悪いぞと戻ることにします。
で、せっかくなのでロープを使おう!と懸垂下降してトポを見直し、明らかにこりゃ違うと入渓ポイントに戻ります。
結局、ここは鉄砲沢の入渓点と気づいて、移動します。

正しく沢に入ると、当たり前ながらトポ通りの景色です。
渓流釣りの2人組意外は全く人影もなく、オオムラサキの群れが乱舞している美しい景色の中昼食をとります。
美しい小滝と苔むした岩 大滝

沢は、秩父らしく少しガレていますが、苔むした美しい景色が続き、思わずはしゃいでわざとシャワークライミングしたりと遊びながら登ります。
シャワークライミング 沢は楽しい~!

取り付きの間違いもあり、3時過ぎにほどよいビバークポイントを見つけて本日は終了。
のんびりビールや梅酒で乾杯して、昼寝をし、ハヤシライスの夕食を楽しみます。
これぞワレイワ 苔岩

ビバークポイントは沢から少し登った場所で、少し温かい空気に包まれていて、チェルトに入り首だけ出して夜空を眺めるには最高です。

8/3(日)
翌朝は6時ごろ起きだして、ゆっくり食事をとって出発。
やがて沢も涸れて、ガレた急斜面を進みます。

蝿やアブにうるさく付きまとわれながら、ひたすら汗をかいて登ります。
芋木のドッケからは、全国から高校生が集まってなにやらイベントを行っているらしくどんどん人が増えて、さわやかな若者たちが元気よく挨拶してきます。

白石山からお清平を経由して下山。取り付きの沢では、地元の?子供たちとお母さんが水浴びをしています。
邪魔をしないように、こちらも沢にドボッとつかり、汗を流して帰路につくのでした。



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

山はヤマでも08(復帰第一戦)

Category : いろいろ記録
キムラです。悪夢のアキレス腱断裂からはや七ヶ月。切れていると宣告された瞬間、 考えたことは仕事のことでもクライミングのことでもなく、山笠ドーシヨ ー!!!!。というわけで、復帰第一戦は山はヤマでも「博多祇園山笠」になりまし た。
7月までになんとか走れるようにしなくてはと、今回ばかりは医者の言うことを忠実に守り治療に専念しました。6月にはジョギングの許可を貰うことができ、(コワク テ山笠にでるとは言いませんでした)ダイエットに励みました(半年で4キロ 増!!)。残念なことにドバイ支部長は仕事が忙しく参加出来ないとの連絡が入りま した。今年はカレンダーの並びが悪く、7月15日の「追い山」は火曜日ウイークデ イのため、一泊二日の超弾丸ツアー(14日早退・15日午後出)を決行することに 決定。7月14日を迎えました。猛烈に忙しく昼飯ヌキ、飛行機の中でビールとカツサンドを食べる姿は、我ながら情けないものでした。博多に到着後すぐ、櫛田神社に お参りを済ませ、ホテルに荷を置き「居酒屋せいじ」(ドバイ支部長の弟さん聖次さ んのお店)に向かいました。ここで軽く飲み(ほんとに軽くです…)、お願いしてあ った直会(なおらい)用のビール1ケースを受け取りホテルに戻りました。
翌15日は、1時半起床。なぜこんなに早いのかというと、山笠は朝4時59分に一 番山がスタートし5分間隔で7台の山笠が櫛田神社の清道(せいどう=清道と書かれた旗が立っている)を回ったのち5キロのコースを走るお祭り(タイムレース)で、 6時頃には全てが終わってしまいます。
詰め所の前で若手から御神酒をいただきます
▲詰め所の前で若手から御神酒をいただきます
2時にはタクシーで、お世話になっている下竪の堀さんのお宅に向かいました(中洲のネオンがキレイだった、残念!)。一年ぶりの締め込みを締め、水法被に着替える と気分は博多もんです。みなの後をついていくと町内の詰め所のまえにつきました。 ここで若手(中学高校生の若者)から御神酒と当たり目、昆布を頂戴するのです(知らなかった!いつも勝手にプラプラ行ってた)。その後集合して、役員の方から注意事項の伝達がありました。当然私は子供達と一緒に「先走り」です。
皆でゾロゾロと櫛田神社前の土居通りを目指します。土居通りに入ったところで、取締の指示で三列に並び「オッショイオッショイ」の掛け声を上げ恵比須流を舁き山を目指します(オイサッは山を舁くとき、それ以外のときはオッショイ)。すでに待機 している七番山土居流の横を通る時は、土居流の役員が「ヨコキレッー(横をあけろの意味)」と大声で指示を出し、自然に拍手が湧いてきます。無事六番山恵比須流の舁き山の表(前側)で舁き山と向き合い、手一本を入れ到着の挨拶をします(これも 知らなかった!!)
彩鳳舞丹霄(さいほうたんしょうにまう)今年の恵比須流の表題です。
▲彩鳳舞丹霄(さいほうたんしょうにまう)今年の恵比須流の表題です
写真を撮ったり、公園でモクモクしているとスタート時間が迫ってきました。小学生たちと山の前に整列して山止め(待機位置)に向かって前進していきます。4時20分、前の千代流がスタートしていくのを見送り、まず取締さんに先導された子供達が 清道を回り先行していきます。私は子供達の後ろから付いてスタートしました。10 0メートル程走ると、背後から大太鼓の「ドン!」という音が聞こえ、イヤーッの掛け声とともに恵比須流の山が櫛田入りしていきました。オイサッオイサッの掛け声を上げながら走っていると、勢い水(キオイミズ)がバンバンかかってきます。1キロ ほど進むと遅れ気味の子供がでてきました。見捨てるわけにもいかず手を引いて一緒 に走ります。子供達数名と走っているとサングラスに長髪のオジサンと併走になりま した。そうですチューリップの上田さんです(山笠でサングラスをかけて走れるのはこの方だけ)。
コース後半は狭い道が続き、遅れる子がいないか振り返りながら走りましたが、幸い 大きく遅れる子はいませんでした。アキレス腱のことなど考えている暇もなく、ゴール前の100メートルを「オイサッオイサッ」の雄叫びをあげながらラストスパー ト!!「廻り止め」と書かれた小さなアーチ状を目指します。台上りは必死に掛け声を掛け、頻繁に舁き手交代の指示をだしています。そして遂にゴール……!!!
ゴールしても殆ど止まらず、町内を目指します。子供達はみな先に行ってしまったの で、これ幸いと後押しにつかせていただきました(初めてです)。
このガキども…失礼しました、お子さま達と走りました
▲このガキども…失礼しました、お子さま達と走りました
無事、下竪の町内に戻り、町総代の堀さん(今年は恵比須流全体の総務=最高責任者)の挨拶に続き、「祝い目出度」の合唱です。
●祝い目出度(博多祝い唄)
祝い目出度~の~若松様よー若松様よー
枝も栄ゆりゃー葉も茂る
エーイショゥエーエーイショゥエー
ショゥエショゥエショゥエ
ションガネー
アレハエーイサソエー
ショーンガネー

手拍子を打ちながら、男衆だけで歌うこの祝い唄は正直シビレマス!
最後は博多手一本(ヨー シャンシャン まひとつシャンシャン よーとさんどシャ シャンシャン)で締め、行事は全て終わりです。夏の朝日はすでに高く登り、暑くな ってきました。詰め所にもどり、お待ちかねの直会(なおらい=飲み会)です。普通 ならまだ朝食の時間ですが、ビールをガンガンあおりました。これだから山笠はやめ られません。ドバイ支部長、来年は是非都合付けて下さい。待ってマース。
何を見ているのかというと
▲何を見ているのかというと
お隣、千代流の山崩し(飾り物の争奪戦)です。(墜落者続出!!さすがあそこは違 う?)

▲お隣、千代流の山崩し(飾り物の争奪戦)です。(墜落者続出!!さすがあそこは違う?)

素山

▲「素山(すやま)送り」です。表に今年の当番町総代(堀さん)、見送りに来年の当番町総代が乗り来年の当番町まで舁きます。
プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。