山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨセミテクライミングツアー Part9/9"涙の帰国編"

Category : 山行記録
Friday, October 26,2007 YOSEMITE ~ Glacier Point ~ MERCED
南裏さん、出村さん、そして我々2人も帰り、ただ一人あと一ヶ月アメリカで登り続ける神林さんと涙のお別れ(すいません嘘です…ドンドン残り物を押し付けてゴメンなさい)。残り少ないガソリンにビクビクしながらもグレイシャーポイントの景観を楽しみ、MERCEDのモーテルへ。到着したとたん、ドーンと疲れが押し寄せてくるのでした。
グレイシャーポイントからハーフドーム

Saturday, October 27,2007 MERCED ~ LAX
2007年10月28-29日(日-月) LAX → 東京
レンタカーを無事に返したあとは、アムトラックの出発する夕方までのんびりMERCED見物。ずっと晴天に恵まれていた今回のツアー、途中のベーカーズフィールドは雨。バスに乗り代え夜のLAXへ。週末で混みあう空港で一夜を過ごし東京へと帰路につくのでした。

スポンサーサイト

→続きを読む

ヨセミテクライミングツアー Part8/9 "Yosemite Camp4 7th day"

Category : 山行記録
Thursday, October 25,2007
After Six 5.7 ~MANURE PILE BUTTRES~ / Bishop's Terrace 5.8 ~Church Bowl~
Camp4最後の1日。Nutcrackerで印象の良かったMANURE PILE BUTTRESにあるAfter Sixを登ります。"One of the best 5.8 hand cracks in the Valley"とトポに謳われていた、駐車場からアプローチ1分! のChurch BowlにあるBishop's Terraceを最後に楽しみます。

Bishop's Terraceは美しいクラック

→続きを読む

ヨセミテクライミングツアー 7/9 "Yosemite Camp4 6th day"

Category : 山行記録
Wednesday, October 24,2007
EL Capitan Baseで遊ぶ
Camp4で知り合った、神林さん・出村さんと一緒に、EL Capitan Baseのショートルートを登りに行きます。

EL Capitan Baseより

→続きを読む

ヨセミテクライミングツアーPart 6/9 "Yosemite Camp4 5th day"

Category : 山行記録
Tuesday, October 23,2007
East Buttress 5.9A0 ~MIDDLE CATHEDRAL ROCK~
今回の目標でもあるMIDDLE CATHEDRALのEast Buttressに緊張の面持ちで挑戦しますが…
5.9A0を登る渡辺さん

→続きを読む

ヨセミテクライミングツアー Part5/9 "Yosemite Camp4 4th day"

Category : 山行記録
Monday, October 22,2007
トレッキング
Top of Upper Yosemite Fall (Yosemite PT ~ Arrowhead Spire)
Four Mile Trail to Glacier Point
続けて登るとへばってしまうとうことで、2人別々に昼前からトレッキングへ。下山は綱渡りで有名なLost Arrowを見てやろうとYosemite Fall Trailを進みYosemite PTを目指しますが、なぜかArrowhead まで往復。渡辺さんはFour Mile TrailをGlacier Pointの手前まで歩きます。良い気分転換となり、楽しいひと時を過ごします。

ロストアローその2

→続きを読む

ヨセミテクライミングツアー Part4/9 “Yosemite Camp4 3rd day”

Category : 山行記録
Sunday, October 21,2007
Nutcracker 5.8 ~MANURE PILE BUTTRES~
Camp4から程近い岩場のMANURE PILE BUTTRESにある、Nutcracker 5.8を登ります。EL CAPのすぐ傍にあるので”小岩”としか見えませんが、しっかり5ピッチのクライミングを楽しみ緊張もほぐれて調子が出てきます。
Nutcrackerのある岩場

→続きを読む

ヨセミテクライミングツアー Part3/9 “Yosemite Camp4 2nd day”

Category : 山行記録
Saturday, October 20,2007
Camp4周辺でのんびりボルダー
時差ぼけが抜けず、疲れもピークで調子はいまいち。まだまだ日数もあるし無理はせずにCAMP4周辺のボルダーで昼過ぎまで遊びます。
やっと登れたV3ボルダー

→続きを読む

ヨセミテクライミングツアー Part2/9 “Yosemite Camp4 1st day”

Category : 山行記録
Friday, October 19,2007
Swan Slabで特訓?
ヨセミテツアー初日は、スワンスラブの名前の無い5.7~5.9のクラックを軽く登って昼過ぎに終了。
スワンスラブでトレーニング

→続きを読む

ヨセミテクライミングツアー Part1/9"ドタバタ出国編"

Category : 山行記録
2007年10月17日(水)
東京 →ロサンゼルス → MERCED
泰平さん、渡辺さん、下山3人のヨセミテクライミングツアー。出だしから泰平さんのパスポート間違えにより離陸できないと言う波乱の展開に…。泰平さんを残して2人で出発し、不安と疲れの中なんとかMercedのモーテルに到着するのでした。

Motel6

Thursday, October 18,2007
MERCED → YOSEMITE
疲れと時差ぼけで昼前に飛び起きた2人はMercedでレンタカーを調達し、いざヨセミテへと意気揚々と出発。壮大な景色に圧倒されつつヨセミテ入りしてCAMP4に無事テントを張ると、なぜか隣のテントはパイネのゴアライト…意外な出会いもあり楽しく最初の夜を過ごすのでした。

Camp4 リスが居ます

→続きを読む

漢拏山

Category : 山行記録
自称「日本一坂道が嫌いなクライマー」キムラが無謀にも韓国の最高峰「漢拏山(1950メートル)」に挑んできました(会社の税金対策=社員旅行で行きました)。
漢拏山は韓国の済州島の中央に聳える死火山で、最近は韓流ドラマのロケ地としても有名です(私は一度も見たことがない!)。登山コースは幾つもあるのですが、環境保護のため頂上まで行けるのは城板岳コースと観音寺コースの二本だけに限られています。今回は登山口が宿から近い観音寺コースを選びました。
<br />▲これを目に焼き付けて出発

▲これを目に焼き付けて出発
宿泊したホテル(新済州)からタクシーで20分ほどで登山口に到着。登山口は公園事務所、駐車場、キャンプ場、トイレなどが整備されており広い草原ではポニーが草をはんでいました。
▲ガンをとばす韓流ポニー

▲ガンをとばす韓流ポニー
地図を持っていないので(山をナメテル)、看板の概念図を目に焼き付けて出発です。しかしすぐにこれはまずい!と直感しました。歩いても歩いても全然高度が稼げないのです。チンタラ歩いている場合ではナイ!  ターボ全開でスピードアップ 先を行く韓国人のジジババハイカーを蹴散らし(ウソです、ちゃんとアンニョンハセヨと挨拶しました)、1時間ほどで、最初のトイレに到着。更に1時間20分程で避難小屋とトイレのある休憩ポイントに到着。
▲このトイレでモクりました

▲このトイレでモクりました
ここは沢の源頭部に近く水流もあり、多くの人が休んでいました(漢拏山の沢は火山のため富士山同様涸れ沢がほとんどです)。ここから急登をしばらく登ると、草原状となり植生も大分変化しているのが解ります。登山口付近ではクヌギなどが多かったのですが、標高もあがり背の低い松などが多くなり、視界も開けて快適です。最後に左にトラバース気味に登ると、頂上稜線の一角にでました。漢拏山の頂上はカルデラ湖になっており、柵が固定されています(火口内は立ち入り禁止)。柵沿いに少し行くと白鹿潭という看板がかかった最高点に到着しました。本当の頂上は火口の反対側にあるのですが、自然保護のため行くことは出来ません。しかし眺めは抜群です。新済州・旧済州の市街もはっきり見え、海に囲まれいるのが良く分かります。
▲頂上のカルデラ湖(本当の頂上は反対側にある)

▲頂上のカルデラ湖(本当の頂上は反対側にある)
それにしても凄い数のハイカーです。この最高点には小さな管理小屋があるだけで、売店などはありません。
▲頂上はハイカーで大にぎわい

▲頂上はハイカーで大にぎわい
簡単に腹ごしらえをすませ、速攻下山です。胸のニコチンタイマーがピーコピーコと点滅しているのです。そうなんですここは韓国の国立公園、禁煙なんです!。疲れた身体に鞭打ち、必死に走って避難小屋横のトイレに駆け込み、臭いのを我慢してニコチン補給を完了しました。人心地ついたところで下山再開。チンタラ歩いていると不思議なことに気が付きました。登ってくる登山者に全然会わないのです。そこで思い出したのが漢拏山の入山制限です。この山は厳しく管理されており、12時が入山の門限なのです。ということは今14時過ぎだから下から登ってくるヤツはまずいない。下山中のヤツはあらかた追い抜いているので、どこでも吸えるジャン!フッフッフッフッフー  (後はご想像にお任せします……)
▲案内表示(距離はあまりあてになりません)

▲案内表示(距離はあまりあてになりません)
結局16時過ぎに無事下山し、一軒だけあった土産物屋兼食堂でビールと韓国風おでん(ハングルでおでんと書いてありました)で下山祝いをしました。
▲最後はやっぱりです(5000ウォンでした)

▲最後はやっぱりこれです(5000ウォンでした)

秋のお祭りのお知らせ

Category : お知らせ
お疲れ様です。
秋のお祭りの日程が決まりました。
11/17(土)~18(日)です。
場所はいつもの青梅市の勝沼2丁目自治会館です。

拡大地図を表示

▼クリックすると大きく表示されます
勝沼2丁目自治会館


今回も大いに盛り上がりましょう!!!

Dubai便り①

Category : ドバイ滞在記
奥薗です。
10/1に日本を発ちドバイに入って2週間が経ちました。
飛行機からヒマラヤが見えるはずだったのですが暗くなってしまい次回へ見送りです。しかし上空からガンジス・デルタとベンガル湾へ流れるガンジス川ははっきりと確認できました。
ガンジス川
「ここを辿るとヒマラヤかと思うと鳥肌もんでした。」

夜明け
こちらの状況もだんだんと把握が出来つつありラマダン明けのEid holidayを利用しドバイの街中を2日間歩き回りました。
なぜかビーサン姿がしっくり来る街です。ドバイクリーク(運河)には「アブラ」と言う渡し舟を結構みんな利用しています。
ドバイクリーク
街の中はほとんどが出稼ぎのインド人やパキスタン人などで中国系も少なくはありません。アラブ人たちは冷房の効いたショッピングモールなどで見かけます。
先日、聞いたところドバイかアブダビかにインドアジムらしきものがあることを聞き出しましたので来週以降探しに回ろうと思います。
しかしやはり一番の問題は酒です!
○老の毒入り酎ハイもが恋しく感じる自分に情けなささえ覚えます。しかし、探せばあるもんですね色々と!皆さんが来たときの為にディープなポイントを見つけておきます。

小川山 10/13-14

Category : 山行記録
お疲れ様です。シモヤマです。
今回はSTMクライミングスクールのお手伝い組み(先週と同じメンバーで同じ服着て、同じ車で出発…)とコマツさん・テシマさんのフレッシュメンバー(コマツさんは私より人生の先輩ですが…)が参加です。
日程:5/13-14
メンバー:コマツさん、テシマさんほか

▼まずは準備体操!
まずは準備体操!

▼川上小唄を登るテシマさん
川上小唄を登るテシマさん

▼小川山ストリートをリードするテシマさん
小川山ストリートをリードするテシマさん

(あれ?コマツさんの写真が無いのはえこひいきとかではありません…)
コマツさん、テシマさん、それぞれ成果をヨロシクです!

小川山でまたクラック/10月6-8日

Category : 山行記録
お疲れ様です、シモヤマです。
またまた懲りずに、小川山にクラック特訓?に行ってまいりました。
【メンバー】タイヘイさん、キムラさん、トミヅカさん、シモヤマ
【日程】10/6~8
6日の朝出発にて小川山に向かいます。
10/6
対向車線のトラック横転事故による渋滞の影響で昼過ぎの到着となってしまいます。

■親指岩 
小川山レイバック
まずはクラック初心者マークのシモヤマが小川山レイバックを緊張気味に登ります。
まあ、何とか登り、皆で気分良くテラスでのんびりして気分はすっかりリゾートです。
温暖化?の影響か、小川山はほとんど紅葉していませんが、それでもだんだん寒くなってきます。

天まであがれ
トップロープにして皆でトライしますが、うーん離陸できません…オーバーヒートに続き離陸できないシリーズ第2弾となってしまいました。
天まで登れない…

夜は焚き火を囲んで鍋、日が落ちるとともに深々と冷え込み始め早めにシェラフに潜りこみます。
夜はやっぱり焚き火だね


10/7
■カモシカサイドロック 
発熱の街角
アップのつもりが、最初にトライのシモヤマはアップアップに…。
発熱の街角


■バードウォッチングエリア 
オオルリ
シモヤマ気を取り直して?トライしますが、下部で体がはまって前になかなか進まずテンション。あ~あ…。
オオルリ

キビタキ
トミヅカさんT.Rでスムーズに登り「わたし上手くなってる!!」と上達を実感。
シモヤマやはりジャミング全然できていないようで、ぜんぜん登れていません…やっぱりクラックはジャミングできていないとなんとなく登れたりはしないということを実感。
キビタキ


夜はまたまた焚き火を囲んで、キノコのバターソテーとすき焼きで乾杯!
毒キノコ!?ではなく美味

翌朝は雨、テントをたたんで帰路につくのでした。
プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。