山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日出勤2

Category : 山行記録
お疲れさまです、下山です。
例年に無く大雪だし…、「冬の穂高?まだまだ早いよ!」と言われれば「うーん、確かにそうだよなー」と納得しつつも、「登れなくてもとにかく現地に行って、(大雪の今年)アプローチを見ておけば次につながるだろう」と言われれば「よし、入ってやるか!」とゆれる思いも定まって?「とりあえず訓練やって損は無い」とまたまた越沢バットレスに休日出勤です。

【場所】越沢バットレス
【日程】2005.12.23(金)
【メンバー】しもやん、富塚さん、下山

「よし、次回は4本登ってやる」と飲んだ席では下山勝手に気合を入れて?いましたが…
左ルート
富塚さん、下山で開始、「2ピッチ目のチムニーに入るところが怖いんだよね~」と緊張していましたが、人工だと力技?でAOしまくりで登ります。下山軍手が破けて百円のフリース手袋を使いますが、これは駄目ですね~ツルツルすべりまくりすぐに腕がパンプします。

第2スラブ
しもやん途中参加で、テラスからロープを垂らして登り、あとは3人で登ります。

一般ルート
 テラスからのピッチ、前回しもやんが左側にルートがそれて一人核心?を作っているのを笑っていたのですが、今回真ん中を抜けようとして下山がはまってしまい「う~ん」ちょっと我慢して素直にまっすぐ右側を抜ければガバだったんですが、時間がかかってしまった…。

全体的に慣れてきた(アイゼンにも、ルートにも?)こともあって、一本登る時間はだんだん早くなってきているようですが、初めてのルートだとまだまだかな。
帰りは、なぜかいつも素通りしていた釜飯屋さん(元コンビニの横の…名前は覚えてませんが…つまみがいろいろあって選るね~と以外に好評)で一杯やって帰るのでした。
スポンサーサイト

休日出勤…?

Category : 山行記録
年末年始はどうする…?「12月は楽しくアイスクライミングを楽しんで、年末はのんびり槍ヶ岳を歩いて…」としもやんと話をしていたのですが、マーモット忘年会での酔った勢い?いやいや、燃えるような登攀意欲!?の諸先輩方のお話についつい「冬の穂高か…訓練しなければ」ということで、マモひよこ組は週末を訓練で費やすのです…
<越沢バットレスでアイトレ>
【日程】2005.12.17(土)
【メンバー】しもやん、菅ちゃん、富塚さん、下山
9時に鳩の巣に集合してバットレスに向かうと他には誰もいない貸し切り状態。
富塚さん、菅ちゃんの女性チームと、しもやん、下山のしもしもチームに別れて、一般ルートと第2スラブをそれぞれ午前と午後に登ります。女性チームもチョビッと?落ちたらしいのですが、下山も派手に?やらかしました。第2ルート抜けて終わったところでロープの流れが悪いな~~と最後のランナーを掛け直ししようかなと余計なこと(本当に…)考えてちょっと戻ったのですが、30cmくらいのホールドが取れたらしく、気がついたら「あれ~なんか落ちたぞ…止まらないカナ~…あ、でもどうやらテンションかかってきたぞ…しもやん良いビレーだよ(涙)ありがとう…」まあ、実際は4m位なんですが、その後は「くそーまた登り返しかよ!」とその日一番の登りっぷりでした。
課題はやはり時間短縮でしょうか。一本一時間半から二時間ぐらいかかってしまいました。(しもしもチームは2本とも女性チームが準備したロープを使わせてもらって懸垂下降をしているのでした…う~ん、まずい)
帰りはいつもの鳩美でカツ煮と蕎麦を食べて帰るのでした。

<岳嶺岩でアブミ>
【日程】 2005.12.18(日)
【メンバー】 しもやん、富塚さん、下山
土曜一日ではアブミとユマールまでできなかったので、(昨日と同じ格好に同じ荷物、同じ電車で)休日出勤(本当に気分は出勤…)です。
折からの寒波到来で冷え込む川辺で「本番はもっと寒いもんねー」と言いながらも「寒いさむい…」とぼやきながらアブミを開始。
▼アブミで登る富塚さん
登る富塚さん

▼同じくアブミで登るしもやん
登るしもやん
「自作のアブミは間隔が狭くて駄目だな~」

だんだんアブミのこつを掴んできたところでユマールをやりますが、しもやんはケイビングのタイブロックを使ったやり方。富塚さんはユマール2個を使ったやり方でいろいろこつを掴もうとためします。
▼現場で荷上げ中…ではなくユマールに???の下山
ユマール???

下山取りあえず登ったところで昼過ぎには陽も山陰に入り余りの寒さに「まだ登りたい人いる?」と聞くと皆ブルンブルンと首を横に振りさっさと引き上げるのでした。
駅前の定食屋で軽く昼食を食べてそそくさと帰るのでした。

谷川で雪訓!

Category : 山行記録
下山です。
今日は冬型の気圧配置で一気に冷えてきましたが、本ブログも暖かそうな沖縄から一転して雪の谷川岳へ…山行ではないのですが、しもやん先生の雪訓を受けてまいりました。
【参加者】しもやん(先生)、菅ちゃん、下山
    (カモの会の方々…後藤さん、こばしんさん、柴崎さんほか3名の生徒さんも同じ場所で雪訓でした)
【日程】2005.12.11(前夜泊)
【内容】
前夜発で水上ICを降りると、先ほどまで月が出ていたのに突然雪が降り始め、あっという間に路面は真っ白に。
翌朝も雪が降りしきる中、新しくなったロープウェーに乗り込みます。少しラッセルしてスキーヤーやボーダーでいっぱいのゲレンデを離れて訓練を開始!
・雪崩テスト
 昨日から降り続いた雪の層が1mぐらい積もっていましたが、表層流れが起きる状態ではなく残念?ながらNGな状況はわかりませんでしたがテスト方法と雪の断層などチェック方法を一通り勉強。
・ビレイ(肩がらみ、腰がらみ、スタンディングアックスビレイ)
 スタンディングアックスビレイは、ピッケルにスリングでつけるカラビナを踏み込んだ足から離れない位置につけること、ピッケルに置いた足にきちんと体重をかけて体をまっすぐに耐えること、体重がかかった瞬間に止めるのではなく少しロープを出して衝撃を和らげながら止めるなど結構コツがいりますが、いざいうときにしっかり止めないと…。
▼スタンディングアックスビレイをやってますね~
スタンディングアックスビレイの準備

・雪上の支点設営
 スノーバーやゴミ袋などを使って懸垂の支点を作成し、どのくらいの力まで耐えられるかチェック。
・滑落停止
 前からこけた場合や後からこけた場合など。滑り出す前に早めに止めることが重要ですね…
・雪洞
 今回やる予定は無かったのですが、空いている時間を利用してちょこっと始めたところ、だんだん凝りはじめて止まらない!
▼掘ってます
雪洞掘って~

▼中は静かで暖かく快適?
中は快適~!?

「さすが経験者はちがうね~」「いや~もうこんなところに3日もいたくないよ~」なんて言いながら潜り込むのでした。
・ビーコン
 ビーコンは、デジタルやアナログなど機種によって使い勝手は違うようですが、とりあえず一つ隠して探してみます。訓練だと楽しい(菅ちゃんに全部先に見つけられちゃって悔しい~)のですが、実際は使うことがないのが一番なんですよね…本番では落ち着いていられるかな?

帰りは道に積もった雪に大渋滞を覚悟して温泉も諦めて出発したのですが、山から水上の町に下ると雪は全く降ってなく…ほとんど渋滞もなくスムーズに帰るのでした。
プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。