山岳同人マーモットのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://marmot.blog.jp/に移行いたしました。
10秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐駒・赤石沢奥壁中央稜

Category : 山行記録
お疲れ様です。下山です。
甲斐駒・赤石沢奥壁中央稜に登ってきました。
■日程…2005年6月18日~19日
■メンバー…富塚さん、下山です。
■概要
6/18(土)
尾白渓谷駐車場 5:00-<5h>→七丈小屋テン場 10:00-10:30(テント設営など)-<45m>→八合目岩小屋 11:15-11:50(休憩)-<30m>→中央稜取付 12:20
登攀開始 12:45-<2h45m>→4ピッチ登攀終了 15:30-<2h20m>→赤石ピーク登山道 17:50-<50m>→七丈小屋テン場 18:40

6/19(日)
七丈小屋テン場 7:30-<2h40m>→竹宇神社10:10

■詳細
できれば1日で登りきっちゃおうという話にもなっていたので、ガンガン登り5時間でテン場に到着します。

七丈バンドを下り、小さな滝のような水場(右ルンゼ)を越えたあたりに中央稜取付がありました。

▼岩小屋でちょっと休憩
IMG_0984.jpg

▼右ルンゼの水場
IMG_0985.jpg

<1ピッチ目>
体全体が入るぐらいのクラックから始まります。富塚さん「ぬれてて、汚くて楽しくなーい」と言ってます。
▼ちょっと濡れてます…
IMG_0987.jpg

<2ピッチ目>
岩はほとんどない草付のブッシュを登りますが、簡単な分かえってどちらに進めばよいのだろう?と思いながらもひたすらロープを伸ばします。3ピッチ目の岩場下のテラスを目指すが、ロープが足らず手前の木でピッチを切ります。
<3ピッチ目>
登り始め、人工でフェースに取り付きますが、二手目がちょっと遠く苦労します。
クラックはボロボロ崩れるか濡れてる岩で、つかむと抜ける役立たずの草や木(草木にとってはいい迷惑ですが)を使って登ります。「やっぱり楽しくなーい」と富塚さんがうなってます。
<4ピッチ目>
足一本入るクラックを登ると、ピンが多めに打ってあるこぶし2個分ぐらいのクラックが出てきて、レイバック気味にフェースに乗り出すと上手くいかず?となったが、クラックの内側を探るといい具合の手があり、それを使って上がります。唯一のクライミングらしいムーブだった…。(でも、ホントに一番のクライミングらしい?ポイントがあとで出てくるとはこのとき思ってもみなかったのですが…)
▼黒戸尾根方面
IMG_0993.jpg

<稜線目指して…>
ロープを解除して、ひたすら草付き、這松を登るが、ちょっとした岩が出てきたので、クライミングシューズに履き替えて登ります。わずかに踏み跡をたどって登るが、ちょっと厳しい場所もあり稜線になかなかたどり着きません。
最後、稜線手前でロープを出して岩に取り付くが、下から見た分には簡単そうだった部分で、掴みやすいが乾いた軽い音のしている岩の誘惑を断ち切って、ちょっと悪いけど固そうな岩を使って、さするとぼろぼろに崩れている…部分に乗り込み、手を伸ばして這い松をつかむと…ぐらぐらであった…「え~~、ダメじゃーん」血の気が引いて、一瞬にしていろいろ思いが巡ります。
「さっきスリングやっとかけた這い松は、絶対俺の体重支えられないし、富塚さんのセルフとったところもあてになるかな…?落ちたら死ぬよな~。一人じゃなくて巻きこんで2人かな…それはまずい、まずすぎる…俺ってアルパイン向いてないかな…??」
(ここらへんで、アドレナリンが出てきたらしく…人格が分かれます)
「こんなときに、な~に考えてんだよ!」<強い人>
「そういえば、吹雪の雪山ビバークの後来なくなった若い人いたよな~きっと死ぬーとか思って怖かったのかな~」<弱い人>
「いやいや、そんなこと考えてる場合じゃあない、ふー、落ち着け、落ち着け」<強い人>
 一旦、足場の良いところに一手降りて…
 普段ならレストにならないようなレストでもなんとなく手に力が戻ってくるような…
 下から富塚さんがいろいろ言ってますが、答えてる余裕なんてないよーんと適当に受け流して…
「下には降りられないし、支点取れるところないし…うーんまずい。かといって、このままだとどんどん疲れるし…」<弱い人>
「いやいや、手はこの部分なら多分崩れないし、足も…あー、こんなところにクラックが!…多分ここなら多少崩れても足はきく…これならいつものボルダーに比べて全然簡単なはずだ…、行かなきゃ帰れないし、できる、できる」<強い人>
 手も、足もだましだまし、ぐらぐらの這い松もちょこっとつかみつつ、足を上げて、うーん何とかクリア!
「あー、最近ボルダーもフリーも練習しといて、ホントーニ良かったデ~ス!」
 まあ、冷静になってみると、地上であれば2~3秒ですっと終わってしまう簡単なムーブだったんですが、流石にこんなにボロボロの岩質で、支点がとれなくて…という状況だと慎重にというか体も頭も固くなっちゃうもんです。
 回りを見渡して、ちょっとしっかりしてそうな根っこの下を掘って、ヌンチャク通してロープをかけます。
 しかーし、上を見ると岩場の向こうは霧がかかっていて、スパッと切れていて、全然地面なんて見えません…「確か先週一般道歩いていたときにチェックしたけど、独立した峰なんてなかったはずだし、ここまで来たらとりあえず登るしかないもんなー」 とガンガン登っていくと…あ、先週通った登山道じゃん!「ひゃっほう!」と雄たけびを上げて、セルフとって富塚さんを引っ張りあげます。「ふ~、生きてて良かったー」








▼お疲れさま~▼ヒャーッホウ

IMG_0994.jpg

IMG_0995.jpg

翌日帰り際に七丈小屋の方に話を伺うと、「夏場の中央稜は最近登っている人はいないね~」とのこと。やっぱり…。
帰りにアミノバイタルいただいちゃいました!先週はビール半額にしてくれたし、やっぱり良い人だー!五合目小屋で冷えたのを飲むとエネルギーも充填、一気に降りちゃいます。(富塚さん下るの早すぎ!でついていけません。)
帰りの温泉は、先週気に入った名水公園は1時からだったので諦めて、武川村の「むかわの湯」(700円)はちょっと高かったけど、ゆったりとしたきれいな施設で満足。
蕎麦屋の看板に引かれて、甲州街道から右折すると、結局店は見つからず天然記念物の「山高神代桜」を見物します。樹齢1800年!?らしく、普通の桜8本分ぐらいの幹に、ほとんど自分では支えられない状態の枝が残っている見るからにお年寄りの桜でした。
スポンサーサイト

→続きを読む

甲斐駒ケ岳 黒戸尾根

Category : 山行記録
お疲れ様です。下山です。
台風にも梅雨入りにもめげず、「長いよ、暗いよ、つらいよ~」と噂に聞いていた甲斐駒の黒戸尾根に登ってまいりました。
■日時:2005/6/11-12
■メンバー:河合さん(会には所属していません)、下山
■コース
6/11(土)…竹宇駒ケ岳神社→笹平→刃渡り→刀利天狗→五合目小屋→七丈小屋(テント泊)
6/12(日)…七丈小屋→御来迎場→甲斐駒山頂→御来迎場→七丈小屋(テント撤収)→刀利天狗→刃渡り→笹平→竹宇駒ケ岳神社
■詳細
土曜の朝4時に出発して、尾白渓谷駐車場に向かいますが、雨は降っておらず台風で中止…と引き返すわけにもいきません。登り始めると、頭上で「ばさばさ…キーキー」となにやら騒がしく、見上げると猿が数匹我々を威嚇しています。図体のでかいボスと思しき一匹は、去り際にゆっくり振り返り、じろっとメンチを切っておりました。少しすると、雨音が聞こえてきますが、ブナかミズナラ?の広葉樹の森では地上に雨が届かず、合羽も必要が無いなと感心します。「自然は素晴らしいね~」(立松和平風?)、「森はすごいね~」(CWニコル風?)なんて似てない物まねをしながら歩きます。「途中水場があるはずなんだけど…」なんて言ってるうちに、刃渡りに到着。
▼刃渡り
IMG_0914.jpg

刀利天狗で山神様・竜神様・天狗様アリガタヤアリガタヤと祈っていると、雨足も弱冠弱まって陽が差したような…?倒壊の恐れありということで立ち入り禁止になっている五合目小屋で一服し、そこから先は、梯子あり鎖場ありとなんだか楽しんでいるうちに、あっけなく七丈小屋に到着。テント場を申し込んでビールを買うと「今月で賞味期限間切れるから半額!」という話に、「うーん2本ください!」と大喜びし、雨の中設営したテントにもぐりこんで乾杯!うとうと数時間ばかり昼寝をしていると、学生さんらしき若者達5人組がテント設営して、楽しそうな声が聞こえます。夕食後8時には就寝。

翌朝4時前に若者達の声と鳥のさえずりで目がさめると、夜中あれほど強かった雨音が止まって、既に空は明るくなってきて晴れ間ものぞいています。コーヒーを淹れて、パンをかじっていると4時半過ぎに日の出を迎えてしまい、山頂近くで御来光を拝むという計画はもろくも崩れ去ってしまいます。
登り始めると天気はぐんぐん良くなり、振り返ると眼下に韮崎の田畑や町並み、正面には斜めに陽がさす八ヶ岳、右に甲府盆地に広がる雲海が美しい。
▼山頂手前から八ヶ岳~甲府方面
IMG_0965.jpg

稜線に出ると、近くは鳳凰三山を始め南アルプス、富士山、遠く中央アルプスや北アルプスまで登れば登っただけ素晴らしい景色が広がります。
▼べたですが…山頂から鳳凰三山~富士山方面
IMG_0969.jpg

「八合目 御来迎場の岩小屋の下から左側に、赤石沢奥壁の取り付きの踏み跡があるので確認してくように!」という佐藤”師匠”のメールが届き、岩小屋あたりを見ていると、赤石沢奥壁で亡くなった方々の慰霊のプレートがあり、高度感ある壁の迫力とともに、ここを登るとすると…と考えると緊張感が増してくるのでした。
下りながら、粥餅岩の水場が見当たらないな?と思っていたら、登山道が崩落していた為通行止めになり、道が迂回していました。笹平も水場が見当たらなかったので、使える水場は七丈小屋だけでした。
帰りに、名水公園で温泉につかり(入園料200円、入湯料300円…昼過ぎの時間ということもあり貸しきり状態で、設備も新しくきれいでお薦め!4時以降は宿泊者専用など時間制限があるようです)帰路につきました。

雨の谷川岳…

Category : 山行記録
お疲れ様です。またまた下山です。
すいません、雨で登っていないのですが(意欲には満ちていたんです…)、谷川岳に出かけたので参考記録のカテゴリに載せちゃいます。。。
参加メンバーは、木村さん、奥薗さん、管野さん、大塚さん、清木さん、佐藤さん、新井さん、下山。
6月4日の夕方出発し、途中の高速では視界がなくなる?ほどのスコールにもめげずに、水上に向かうと晴れ間もでて、翌日いけるかな?と期待も膨らみます。土合の駅にて豚シャブ!で宴会し、翌日のペアやルートの確認などしながら夜を過ごし、翌朝4時に目を覚ますと…どしゃ降りの雨…8時半まで待っても、降ったり止んだりで回復しないまま、とりあえず一の倉沢の出合いまで、状況を確認しようと出かけます。
▼一の倉沢の出合いより
IMG_0904.jpg

雨は相変わらず上がらず、先行1パーティーが取り付いているのが見えましたが、テールリッジからなかなか進まないでいる様子。何組かパーティーが合羽を着込んで出発していましたが、我々は傘を差しながらさながら観光客ご一行という様で?「うーんあそこが南稜の出だしですか?」などと、ひよっこ軍団は少し恨めしげに(でもちょっとほっとして?)、ベテラン勢は「中途半端にいて登るとびしょびしょで後が大変だから、さっさと帰ろう」というわけで、撤退決定。
▼観光客ご一行様
IMG_0908.jpg

帰りは水上の足湯で時間をつぶして(これがなかなか良い!)、温泉で昼寝して、水の博物館(だったかな?)で食事を取って昼過ぎに解散。次回に期待!!
▼厳しい登攀中…ではなくて足湯で眠たくなってます
IMG_0911.jpg

プロフィール

山岳同人 マーモット

  • Author:山岳同人 マーモット
  • 山岳同人マーモットは、山に関する活動をオールラウンドにやっています。各々が自分の山を自分のペースで楽しんでいる会です。
    集会は毎月だいだい第2火曜にやっています。

    マーモットのプロフィールやお問い合わせ先はこちらをごらんください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
掲示板新着記事

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。